ギャバ【GABA:γ-アミノ酪酸】

高血圧になりやすい体質の一つに「神経虚弱体質」があります。 神経虚弱体質の人は、身に降りかかったストレスにうまく対応できずに、神経が過敏になって、 血管が収縮したり、心拍数が上がったり、動脈の血管壁が痛んだりして、血圧が一気に上がってしまうのです。 こうした神経虚弱体質の人にお勧めの栄養が『GABA(ギャバ)』です。 ギャバが、神経や脳において抑制性神経伝達物質に関与して気分を和らげる効果があることから、 ストレス状態を軽減したり、緩和する成分として摂取することが勧められています。 また、ギャバは、血圧降下に関与する成分としても知られ、 血圧が高めの方に適した特定保健用食品として市販されています。


■「ギャバ【GABA:γ-アミノ酪酸】」とは?

『γ-アミノ酪酸』というよりも、 『ギャバ』(GABA:ganma-amimobutyric acid) といったほうがなじみのある食品成分ですが、近年、お茶をはじめとする飲料、お菓子などの加工食品や、 発芽玄米などの食品にも含有される成分として、その名称をよく耳にするようになりました。 ギャバ(GABA)は、商品イメージからストレス緩和に関係したり、血圧降下に関与する成分などとして、 漠然と「健康によさそうな成分」と捉えられているようです。


■ギャバの構造と食品での分布

γ-アミノ酪酸(ギャバ)は「HOOC-CH2-CH2-CH2-CH2-NH2」という化学構造を持ち、4-アミノ酪酸とも呼ばれます。 同一分子内に塩基性のアミノ基と酸性のカルボキシル基をもつ両性電解質ですが、食品や生体内においては、 たんぱく質を構成するα-アミノ酸(アミノ基とカルボキシル基が同一の炭素原子に結合)とは異なり、 カルボキシル基から数えて4番目(7位)の炭素原子にアミノ基が結合している遊離型アミノ酸として存在します。

γ-アミノ酪酸(ギャバ)は動物性、植物性食品いずれの食品にも広く分布しており、 植物性食品、特に米、麦などの穀類、トマト、ナス、カボチャ、メロンなどのウリ科の野菜や果物、 その他のアスパラガスやミカンなどに多く含まれています。 発酵食品にも比較的多く含まれており、ある種の乳酸菌や紅麹菌の関与する発酵食品 (漬物、キムチ、ヨーグルト、など)にγ-アミノ酪酸(ギャバ)が多く含まれていることが確認されています。

通常の食品に含まれるγ-アミノ酪酸(ギャバ)は100g中数mgを超えない程度のものがほとんどですが、 最近では特殊な製造過程を用いて生産し、含有量が特別多く含まれるようにした食品があります。 発芽玄米、特殊な製造方法を施したお茶(通称ギャバロン茶)、前述の発酵食品を利用した特定保健用食品などです。 発芽玄米は、玄米を水につけてわずかに発芽させたもので、 発芽させることによってギャバの含有量を増加させたものです(約10~数十mg/100g)、お茶においては、収穫後、 茶葉を嫌気的な条件化に保存(窒素ガス中に封入する)することによって、茶葉中のグルタミン酸がギャバに代謝されることを 利用したもので、このような製造方法には通常の茶葉よりも多くギャバが含まれています(約170mg/100g乾物)。


■ギャバの生体での働き

ギャバは、生体内ではグルタミン酸の酵素的脱炭酸反応によって生合成されています。 ヒトの神経系では30種類以上の神経伝達物質が働いており、グリシン、グルタミン酸などのアミノ酸のほか、 さまざまなアミノ酸の脱炭酸生成物やその誘導体が存在します。たとえば、チロシンからはドーパミンや アドレナリン、ヒスチジン、トリプトファンからはヒスタミン、ドーパミンといった神経伝達物質が生成されます。 ギャバもグルタミン酸から生成される神経伝達物質のひとつです。

神経伝達物質には、興奮性神経伝達にかかるものと抑制性神経伝達にかかるものとが存在し、 前者にはドーパミンやグルタミン酸などが、後者の代表的な物質としてギャバが挙げられます。 脳内においてギャバはあまねく存在し、主要な抑制性神経伝達物質として機能していると考えられています。 一方、脳内や神経伝達物質におけるギャバの作用機序については研究が進んでいるものの、 これ以外の組織でのギャバの機能については、抹消神経組織における機能について一部が報告されているだけで、 現段階では不明な点が多いといえます。