高血圧対策に『ピンポイント療法』

ピンポイント療法』とは、「ガンステッド・カイロプラクティック」を基に、 鎌倉ドクタードルフィン診療所院長の松久正氏が開発した健康法です。 首の後ろを押して神経の詰まりを取って調整し、神経の流れを改善することで、 体はベストの状態になり、さまざまな症状や病気が改善します。 ピンポイント療法で、首の後ろを押したら高血圧が正常化し降圧剤が不要になった!! 34度台の低体温も大改善したした!!などの体験談も寄せられています。

首の後ろを押して神経の流れをよくすると、自然とその人の体に必要な変化が現れます。 高血圧の人であれば、血管が広がり、心臓の機能が改善することにより、血圧が下がるのです。 同時に全身の血流が増加するため、体温も上昇し、低体温も改善します。 また、神経の流れがよい状態だと、消化、吸収能力が高まり、体内に取り込んだ栄養素のパワーを最大限に活用でき、 体調の改善を助けます。


■ピンポイント療法

●誰でも一律に血圧を下げるのは間違い

「神経の流れの乱れこそがあらゆる病気や症状の原因ではないか」
これが現代医療の問題点について疑問を抱いた私が到達した答えです。 私たちの体の中で、脳から背骨を通り、体のすべての臓器や細胞に指令を与えているのは神経です。 つまり神経の流れがスムーズになれば、体が持つ自然治癒力が理想的な状態で発揮できるようになり、健康を保てると考えたわけです。 神経の詰まりを取るために、役立つものといえば、カイロプラクティックのテクニックです。 そこで、私はカイロプラクティックの本場のアメリカに渡り、10年以上の年月を費やして、 「ガンステッド・カイロプラクティック」を習得しました。 この技法は非常に精妙なものなので、的確に神経を調整できるのは、私を含め世界に数人しかいません。 さらに私は、エネルギー医学や量子力学の考え方も応用して、独自の新しい医療(ドルフィン・メディスン)を確立しました。 この医療は、体と心に生じるすべての症状を回復できる、世界で唯一の医療です。 私が行っているドルフィン・メディスンでは、薬や注射、手術なしに、生活習慣病から数々の難病まで、あらゆる病気を改善することができます。

ところで、高血圧の治療についても、私は現代医療に大きな疑問を持っています。 大多数の医師は、高血圧の患者さんに対して、降圧剤を処方します。 しかし、無理に薬で血圧を下げるということは、体にはとても不自然なことです。 私は、高齢になるにつれ、血圧が上がるのは当然だと考えています。 年を取れば、若い時に比べて血管が硬くなるので、血液が流れにくくなります。 また、血管の内側の面積も小さくなるので、ますます血流が悪くなります。 その血液を、筋肉や内臓、脳などに行き渡らせるためには、ある程度血圧を上げて、 勢いよく血液を流すようにする必要があります。 つまり、高齢になって、血圧が上がるというのは、非常に理にかなっていることなのです。 私は、60歳以上の人は、最大血圧が160ミリくらいあるのは普通だと考えています。 それなのに、現代の医療は、最大血圧が140ミリ以上になると、すぐに降圧剤を処方しようとするのです。