■腎トレの実践法

腎トレは自宅でも簡単にでき、ふくらはぎ押しや青竹踏み、足裏揉みなどを1日1回以上行うのが目安。



■ふくらはぎと足裏は自律神経を正す急所

内臓トレーニングは、特殊な低周波治療機器を利用して全身の血流を促したり、 自律神経のバランスを回復させたりする慢性腎臓病の画期的な治療法です。 ここでは、その働きを応用した腎臓の簡易トレーニング法、略して『腎トレ』を紹介しましょう。 腎トレで刺激する部位は、内臓トレーニングと同じく、ふくらはぎと足裏です。 車社会の現代では、日本人の多くが歩き不足に陥っており、ふくらはぎの衰えている人が増えています。 実は、ふくらはぎの衰えも慢性腎臓病や高血圧、糖尿病などの病気が急増している原因の一つなのです。 ふくらはぎの筋肉は、下半身の血液を心臓に戻すためのポンプ運動を担っています。 したがって、ふくらはぎを集中的に刺激すれば、血管の塊である腎臓の血流も促されて、腎臓の機能の回復が期待できるのです。 また、慢性腎臓病の人に目立つのが、心身を緊張状態に導く交感神経が優位に働きすぎていることです。 交感神経の優位な状態が続くと血管が収縮して高血圧になりやすく、さらに腎臓を傷めるという悪循環に陥ります。 その場合も、ふくらはぎと足裏は副交感神経の働きを高めるポイントになり、これらを適度に刺激すると 全身の筋肉や血管が弛緩しやすくなるとともに、腎臓などの内臓の働きも活性化します。