コントロール不良高血圧の半数が腎臓病を併発

降圧薬や減塩が効きにくい「コントローム不良高血圧」の重大原因として、 最近、特に問題視されているのが、自覚症状のない隠れ腎臓病ともいえる『慢性腎臓病』です。 実際に、国立病院機構九州医療センターの調査によれば、高血圧の治療を受けていた686人のうち、 コントロール不良高血圧の患者さんは、半数(49.6%)が慢性腎臓病を併発していたといいます。 では、慢性腎臓病について述べる前に、まず腎臓の仕組みと働きを述べましょう。

腎臓は、握りこぶしほどの大きさをした臓器で、腰のやや上に背骨を挟んで左右1個ずつあります。 毛細血管のかたまりである糸球体、それを包む袋の「ボーマンのう」、そして尿細管が集合したネフロンによって構成されている 腎臓は、血液を濾過して老廃物・水分・塩分などを尿として体の外に排出するのが主な働きです。 その他に、血液を作るホルモンの分泌や骨の代謝、血液にかかわる酵素の合成、体内のミネラル量の調整といった働きも 腎臓が担っています。 ところが、腎臓の働きが低下した状態の慢性腎臓病になると、水分や塩分が排出されにくくなって血液量が増加し、 血管を内側から無理に押し広げた結果、血圧が上昇します。

このように、もとから血管が広がった状態では、血管を拡張させる降圧薬が役に立たなくなり、 コントロール不良高血圧を引き起こすのです。 しかも、腎臓の働きが低下してくると、「レニン」という酵素が分泌されます。 レニンには、血圧を上昇させる物質の「アンジオテンシン」を増やす作用があるため、 さらに高血圧が進行して心筋梗塞や脳卒中も発症しやすくなるのです。



■コントロール不良高血圧の半数が腎臓病を併発

降圧薬や減塩が効きにくい「コントローム不良高血圧」の重大原因として、 最近、特に問題視されているのが、自覚症状のない隠れ腎臓病ともいえる『慢性腎臓病』です。 実際に、国立病院機構九州医療センターの調査によれば、高血圧の治療を受けていた686人のうち、 コントロール不良高血圧の患者さんは、半数(49.6%)が慢性腎臓病を併発していたといいます。 では、慢性腎臓病について述べる前に、まず腎臓の仕組みと働きを述べましょう。

腎臓は、握りこぶしほどの大きさをした臓器で、腰のやや上に背骨を挟んで左右1個ずつあります。 毛細血管のかたまりである糸球体、それを包む袋の「ボーマンのう」、そして尿細管が集合したネフロンによって構成されている 腎臓は、血液を濾過して老廃物・水分・塩分などを尿として体の外に排出するのが主な働きです。 その他に、血液を作るホルモンの分泌や骨の代謝、血液にかかわる酵素の合成、 体内のミネラル量の調整といった働きも腎臓が担っています。 ところが、腎臓の働きが低下した状態の慢性腎臓病になると、水分や塩分が排出されにくくなって血液量が増加し、 血管を内側から無理に押し広げた結果、血圧が上昇します。

このように、もとから血管が広がった状態では、血管を拡張させる降圧薬が役に立たなくなり、 コントロール不良高血圧を引き起こすのです。 しかも、腎臓の働きが低下してくると、「レニン」という酵素が分泌されます。 レニンには、血圧を上昇させる物質の「アンジオテンシン」を増やす作用があるため、 さらに高血圧が進行して心筋梗塞や脳卒中も発症しやすくなるのです。


●自覚症状が現れたら、腎臓病の進行は深刻

このように、コントロール不良高血圧と密接にかかわっている慢性腎臓病は、
@尿検査でたんぱく尿が出るなど腎臓に明らかな異常がある。
A腎臓の機能が健康な人の60%未満に低下している。
のどちらか、または両方が3か月以上続いている状態をいいます。 慢性腎臓病は、患者さんとその予備軍を含めて日本に約2000万人いると推測されており、まさに新しい国民病といってもいいでしょう。 慢性腎臓病の進行度は0期(予備軍)と1〜5期に分類され、重症になるにつれて次のような症状が現れます。

▼尿量や尿の色の異常
トイレに行く回数や尿量が減ります。一日にトイレの回数が4〜6回、尿の量は1〜2gが目安ですが、 これよりも少ない人は要注意です。ただし、糖尿病が原因の糖尿病性腎症の場合は、 のどが渇いて水分を多く摂るので頻尿になります。

▼体のむくみ
腎臓の尿を作る働きが低下すると、水分が皮下組織にたまって顔や手足がむくみ、体重も増えやすくなります。

▼疲労感や倦怠感
常に全身がだるくて疲れやすく、倦怠感も強くなります。

▼貧血やめまい
めまいや立ちくらみがたびたび起こり、早めに歩いただけでも息切れしやすくなります。

また、慢性腎臓病が悪化して進行度が5期に入った場合は、「腎不全」と呼ばれ、尿毒症を防ぐために透析か腎臓移植が 必要になります。透析とは、人工的に血液を濾過して血液中の老廃物や余分な水分を取り除く治療です。 現在、透析を受けている患者さんは日本に30万人近くいて、その約40%は糖尿病性腎症が占めています。