「血液サラサラ酵素」をサプリメントで補う

血管を詰まらせる「血栓」を防いで血流を改善し、脳や心臓の合併症に効くと「血液サラサラ酵素」が評判。



■古くから漢方薬にも使われてきたミミズ

高血圧の合併症を防ぐ切り札として、酵素の多い食品が注目されています。 酵素は血液をサラサラにする効果がとても大きく、血圧を下げたり、高血圧の合併症を防いだりするのに大変役立ちます。 そこで、酵素の多い食品が勧められます。そうした食品は、生の果物や果実に多く、毎日三度の食事で大量に補うのは大変です。 そのため、酵素をサプリメントで補うのもいいでしょう。 特にお勧めしたいのが『血液サラサラ酵素(正式名はルンブロキナーゼ)』を配合したサプリメントです。 血液サラサラ酵素とは清寧な土壌で育てたレッドワーム(食用ミミズ)を原料としています。 ミミズと聞いてギョッとする人もいるでしょうが、その薬効は天の恵みといっても過言ではありません。 実際にミミズは、古くから漢方薬や民間薬として珍重されてきたのです。 中国では、ミミズの乾燥物を生薬(動植物の一部をそのままか手を加えただけで用いる漢方の薬)として使ってきました。 中国最古の薬学書に『神農本草経』には、婦人病や虫下しの薬としてミミズが記載されているほどです。 さらに、欧州でもミミズの乾燥物は、むくみの解消や、打ち身、耳の病気、歯痛などの治療に用いられてきました。

近年、ミミズの生薬に認められている働きには、解熱作用、鎮痛、鎮痙(痙攣を抑える)作用、筋肉・筋弛緩作用、 利尿作用、血栓溶解作用などがあります。このうち、最も注目されているのが血栓溶解作用です。 今から約30年前、宮崎医科大学の研究グループが、ミミズを溶かすルンブロキナーゼという酵素を発見しました。 その後、この発見が国際血栓止血学会などで発表され、ミミズの血栓溶解作用が世界中で知られることになったのです。