高血圧の合併症予防に「血液サラサラ酵素」

高血圧が怖いのは合併症で、高血圧を放置して悪化すると脳卒中は6倍、心筋梗塞は3倍も多発し、目の網膜症さえ招きます。 今、高血圧の悪化を防ぎ、合併症を見事に退けるとして『血液サラサラ酵素』が注目されています。



■高血圧の治療を受けているのは全体の約3割

高血圧を放っておくと、脳卒中(脳梗塞・脳出血など)や心筋梗塞といった命とりの病気の原因になることは、 皆さんもご存知かと思います。実はそれ以外にも、失明を招く眼病(高血圧網膜症・眼底出血)や、 腎臓の機能が失われる腎不全などの合併症を招くことさえあるのです。 日本における高血圧の患者さんの数は、約4000万人と推計されていますが、すべての人が治療を受けているわけではありません。 実際に、高血圧の治療を受けている人は3割程度ではないかといわれています。 つまり、7割の人は治療を受けず、高血圧を放置したままなのです。 高血圧の人は、職場や自治体の健康診断で血圧の異常を指摘され、治療を受けるように勧められます。 にもかかわらず、多くの人が治療を受けないのは、高血圧の自覚症状がほぼないからでしょう。 そのため、高血圧に対する危機感がないのです。