血管の柔軟性アップに「エラスチンを補う」研究結果

新型エラスチンの研究では、血圧上昇ホルモンの産生を強力に抑え、血管年齢も4ヶ月で平均2歳若返った。



■ACEの働きを約80%も抑えた

体内のエラスチン減少を防ぎ血管の柔軟性を保つには、積極的にエラスチンを摂取する必要があります。 しかし、スジ肉や、ハツ(心臓)などのモツ(内臓肉)を毎日のように食べるのは大変かもしれません。 九州工業大学では、豚の大動脈から抽出した高純度で質の高い「新型エラスチン」の研究を続けています。 新型エラスチンは、栄養補助食品や化粧品の素材としてにわかに注目されており、 エラスチンの弾力性と柔軟性のもととなる特有のアミノ酸「デスモシン」「イソデスモシン」 を豊富に含んでいるのが特徴です。

私たちは、新型エラスチンを実際に摂取すれば、血管の柔軟性や弾力性が保たれ、動脈硬化の進行が抑えられることを、 ウサギの血管で調べた試験結果として既に報告しました。 そこで、血圧上昇ホルモン(アンジオテンシンU)を生み出すアンジオテンシン変換酵素(ACE)の働き(活性)に着目し、 ACEの活性を抑える新型エラスチンの効果を調べる研究を行いました。 その結果、新型エラスチンを摂取した時に消化によって胃腸で生じると予想される分解物には、 ACEの活性を約80%も阻害する働きのあることがわかったのです。 つまり新型エラスチンには、血圧の上昇を強力に抑える働きのあることが確認されたのです。