エラスチンの減少

血管のエラスチンは50歳で半減し、血管が衰えて高血圧・動脈硬化・心筋梗塞など万病を招く。



■エラスチンは20代を境に減少する一方

エラスチンは、血管や人体に特に多く含まれ、その柔軟性や弾力性の元となっている極めて重要な成分ですが、 残念ながら、年とともに減少することが明らかになっています。 エラスチンは、幼少期までは体内で作られますが、その後は新たに作られることはほとんどないと考えられています。 そのため、20歳を過ぎてからは、エラスチンは減少する一方で、50歳までには最盛期の半分ほどに減ってしまうといわれています。 20代を境に肌から弾力が失われるのも、関節や筋肉が硬くなっていくのも、そして、動脈硬化が進んで血圧が年々高くなるのも、 その背景にはエラスチンの減少があるのです。

エラスチンが、年とともに減少する理由については、まだ全貌が解明されていません。 おそらく、ゴムやバネのような性質を持つエラスチンが、長い年月の間に伸び縮みを繰り返すうちに疲弊して、 断裂を起こして失われるのが一因ではないかと考えられます。 まさに、長期間使い続けたゴムやバネが劣化してしまい、切れやすくなったり、伸び縮みしなくなったりするのと似ています。

体内のエラスチンが減少するもう一つの原因としては、活性酸素(攻撃力の強い酸素)の害が挙げられます。 活性酸素といえば、細胞や組織を錆び(酸化)つかせて万病や老化の引き金にもなるとされる物質です。 活性酸素は強いストレスを感じたり、排気ガスや大気汚染物質などの化学物質が体内に入ったりすると大量に発生し、 血管や皮膚を傷つける原因となります。 それは、エラスチンも例外ではありません。活性酸素の攻撃を受けると、エラスチンも劣化して断裂を起こし、 次第に減少してしまうのです。