本当は危ない降圧習慣「ストレス解消に興奮する趣味は逆効果」

趣味はストレスを減らし高血圧に効くが、スポーツ観戦やパチンコなど興奮する趣味は逆効果。



■趣味に没頭するのは高血圧の低下につながる

私たちは、日常生活でさまざまなストレスを受けています。 老体になった親の心配、家のローン、子供・孫の進路、仕事でのトラブルなど、ストレスは切りがないほど出てきます。 こうしたストレスを受けていると、自律神経(意思とは無関係に血管や内臓を調整する神経)の交感神経 (体を活動的にする神経)が優位になって血管が収縮し、血圧が上昇しやすくなります。
そこで、高血圧の人はストレスを解消するために、「趣味を持つ」のがいいといわれています。 洋裁や盆栽、料理、映画、音楽鑑賞、読書など、好きなことに没頭して楽しむことは、ストレスの解消に大いに役立ち、 ひいては高血圧の低下につながるのです。

ところが、そうした趣味の中でも、逆効果のものがあります。それは、興奮を伴うスポーツ観戦やパチンコなどの趣味です。 スポーツ観戦で好きなチームや選手を応援するとき、ついつい興奮して両手のこぶしに力が入っていることがあります。 この時の血圧は、非常に高くなります。以前の話になりますが、ボクシングのタイトルマッチを観戦中のこと。 試合前の私の最大血圧は125ミリだったのが、観戦し興奮しているときに180〜190ミリまで上がっていたのです。 試合後は最大血圧が正常値近くまで下がりましたが、この血圧の急上昇は喜ばしいことではありません。