本当は危ない降圧習慣「雑巾がけや掃除機がけには盲点がある」

掃除中に血圧が急上昇する姿勢の盲点があり、雑巾がけや掃除機がけでは頭を上げた姿勢を保つべし。



■前屈姿勢で血圧がかなり高くなった

24時間、血圧を測り続けていると、日常生活の何気ない姿勢で、血圧の変化していることがわかります。 携帯型自動血圧計を着けはじめたころ、私は喜んでいろいろな体位を測りました。 体位の中で、最も低かったのがあおむけで寝た状態でした。 最大血圧が114.3ミリで、最小血圧が69.2ミリだったのです。 これに対し、真っ直ぐ立った状態では最大血圧が121.2ミリで最小血圧が83.2ミリ。 その他、椅子に座った姿勢では最大血圧が117.7ミリで、最小血圧は73ミリ。 正座姿勢は、最大血圧が117.3ミリ、最小血圧が786ミリ。 しゃがみこんだ蹲踞の姿勢は最大血圧が123.6ミリで、最小血圧が85.5ミリとなりました。

一方で、血圧が特に上がった姿勢がありました。それが、体を前に向ける「前屈姿勢」です。 前屈姿勢ではなんと、最大血圧が149.8ミリ、最小血圧が102.2ミリとかなり高くなることがわかったのです。 前屈姿勢では、頭が下がっているため、頭部や顔に血液が鬱滞しますが、これが血圧の上昇に影響していると思われます。 ちなみに、背中の曲がり具合や手の位置などによっても、血圧は変わってきます。