高血圧の合併症対策に「手作り減塩調味料」

高血圧合併症を予防するには、食生活において「減塩」が必須です。 難儀する減塩には摂取塩分の7割を占める「調味料」改革が必要で、手作りすれば楽に成功。



■日本人は食塩の摂取を半分に減らすのが肝心

高血圧の人が血圧を低く保つ最大の目的は、将来に発生するかもしれない合併症を防ぎ、健康寿命を延ばすことにほかなりません。 そのために、高血圧の患者さんすべてに真剣に取り組んでほしいのが、「減塩」です。 減塩をしないと、薬を用いても、血圧のコントロールが極めて難しくなるからです。 ところが、言うは易く行うは難しで、減塩に難儀する高血圧の患者さんが少なくありません。 WHO(世界保健機構)や日本高血圧学会では、高血圧の予防・改善のために、食塩摂取量を1日6g未満に抑えることが推奨されています。 これは、食塩なら小さじ一杯強、濃い口醤油なら大さじ二杯強に相当する量です。 それに対し、日本人は1日に平均して男性が11.9g、女性が10.1gもの食塩を摂取しています。 つまり、1日の食塩摂取量を男女ともにほぼ半減させる必要があるのです。