高血圧の合併症対策に「脈拍・頸動脈・視野・尿の自己チェック」

血管年齢チェックに加えて、脈拍・頸動脈・視野・尿も自己チェックすれば万全で、 下に述べるような異常があれば、合併症が心配。



■脈拍が100回を超えたら心肥大が心配

高血圧の人は「血管年齢チェック」で血管の傷み具合を知ることに加え、脳・心臓・腎臓・目などに 合併症の兆候が現れていないか、ふだんから自分でよく観察する必要があります。 最低でも1ヶ月に1度は、脈拍・頸動脈・視野・尿の状態をチェックしてほしいと思います。

◆脈拍のチェック

手首や首の動脈に触れて1分間の脈拍を数えたとき、健康な人は安静時の脈拍が70〜80になるのが普通です。 ところが、高血圧を長く患っていると、安静にしていても脈拍が100回を超えてしまう場合(頻脈という)が出てきます。 このとき、医師は真っ先に心不全を疑います。 高血圧の患者さんは末梢神経が大きいので、血液を強い力で全身に送り出さなければならず、 心臓は自ずと強い収縮を強いられます。それが長期間続くうちに心臓は疲弊してやがて心肥大を起こし、 心拍出量が減ってしまう結果、収縮回数を増やして頻脈を招くのです。
最近の家庭用血圧計は、血圧とともに脈拍も測れるので、ふだんから記録しておき、もし脈拍の増加傾向が認められたら 主治医に相談すべきでしょう。