高血圧の合併症対策に『血管年齢チェック』

高血圧で怖いのは、脳・心臓・腎臓・目の合併症で、 「血管年齢チェック」で血管の傷み具合を探れ。



■血圧を低く保つだけでは合併症は防げない

高血圧の真の恐ろしさは、長い年月をかけて全身の血管を音もなく蝕み、動脈硬化を勧めて脳・心臓・腎臓・目など 全身に深刻的な合併症を引き起こすことにあります。今は合併症がないからといっても、決して安心はできません。 「サイレントキラー(沈黙の殺人者)」の異名を持つ高血圧は、静かにそして執拗に全身の血管を傷めつけてくるからです。 何度も言うように、高血圧で最も重要なのは、合併症の発生を防ぐことです。 そのためには、日常生活で血圧を低く保つ必要があるわけですが、実はそれだけでは不十分です。 合併症の発生を本当の意味で防ぐには、動脈硬化の進行を抑えなければならないのです。 そこで重要なのが『血管年齢』を知ることです。血管年齢とは、「血管の老化度」 つまり「動脈硬化の進行度」がわかる新しい指標で、現在は、多くの病医院で専門的な検査を受ければ 血管年齢が導き出せます。高血圧の治療を受けている人は、血管の状態を把握するために一度、 主治医に相談して血管年齢を測定するといいでしょう。


●血管年齢が実年齢より10歳以上上なら要注意

とはいえ、病医院であえて測定しなくても、自分自身でおおよその血管年齢を算定できることをご存知でしょうか。 血管年齢の算定の仕方は簡単で、下のチェック表の質問に一つ一つ回答しながら、回答に応じた得点を足したり引いたりして、 その合計点を実年齢に加算すればいいのです。そうして導き出された値が、あなたの血管年齢となるわけです。 質問項目は「生活習慣・自覚症状チェック」と「健康診断の結果チェック」とに分かれています。 生活習慣・自覚症状チェックでは、食事や運動の習慣、家系、体質、自覚症状などについて質問されます。 一方、健康診断の結果チェックでは、血圧とコレステロール値が特に重要な判断材料となります。
血管年齢を導き出した結果、実年齢より10歳以上老けていた人は、動脈硬化がかなり進行していると判断できるので、 病医院で血管の状態を詳しく調べてもらうことをお奨めします。そうすることが、合併症の発生を防ぐ第一歩となります。