高血圧対策に「合谷指圧」

血圧が驚くほど下がった人が続出!
専門医が開発した手の降圧ツボ『合谷指圧



■合谷指圧

痛みが和らぐと20〜30ミリ下がる

最近、私の患者さんにとても好評を得ているのが「渡辺式合谷指圧」です。 これは、親指と人差し指の付け根にある「合谷」というツボと、その周りを揉み解すというシンプルな指圧法です。 私は内科医ですから、ツボの指圧というと「えっ」と思うかもしれません。 かくいう私自身も、かつてはその効果について少々懐疑的なところがありました。 しかし、ある個人的な体験をきっかけに、合谷のツボの効果を見直したのです。

いまから25年ほど前、私はひどい歯痛に襲われたことがありました。 痛み止めの薬を持っていいなかったため、ただ、痛みを耐え忍ぶしかない状況でした。 そんな時に、ふと頭をよぎったのが、歯痛に効くと聞いた合谷のツボです。 試しに、合谷のツボをぐっと指圧してみたところ、驚いたことに、あれほど激しかった歯痛がスーッと引いたではありませんか。 それ以来、私は合谷の指圧に大きな興味を持つようになりました。 そしてここ数年、合谷の指圧が実に様々な症状に効果を発揮することが、患者さんの治療を通じてわかってきました。 内科的な病気を抱えた患者さんが、頭痛、肩こり、五十肩などの症状を訴えていた場合、私は問診のついでに、 合谷の指圧をするようにしました。すると、さまざまな症状が劇的に改善したのです。 このことが評判を呼んで、私の指圧を目的に受診する患者さんも出るほどになりました。

この指圧法は、高血圧にも常に高い効果を発揮します。 この指圧を行うと、痛みがあるときは一時的に血圧が上がりますが、痛みが和らぐ頃には20〜30ミリくらい血圧が下がってきます。 合谷を指圧すると、皆さん次第に汗をかき始め、体がポカポカと温まってきます。 これは血液循環が改善し、血管が拡張した証拠です。 そのため、血圧が下がるケースが多いと考えられます。