高血圧対策に「セル・エクササイズ」

セル・エクササイズ』は、「降圧エクササイズ」とも言われ、 副交感神経のレベルを上げることで高い血圧を下げます。
セル・エクササイズの降圧効果は実験で確認されており、1分でできる楽々エクササイズです。



■「セル・エクササイズ」とは?

自律神経のバランスと腸の働きを整える

私たちの体は、約60兆個の細胞からなっており、その一つ一つの細胞が機能するためには、十分な栄養と酸素が必要です。 栄養と酸素は、食事と呼吸によって体内に取り込まれ、腸と肺で吸収された後、血液の流れに乗ってそれぞれの細胞に運ばれます。 このときにも、自律神経が重要な役目を果たしています。互いに拮抗して働く2つの神経のうち、 交感神経が上がれば血管は収縮し、副交感神経が上がれば弛緩します。 この2つがバランスよく、交互に優位になることで、血液が体中をスムースに巡るのです。

ところが、自律神経のバランスが崩れて、交感神経が過剰に優位になると、血管が収縮して細くなり、 血流が阻害された状態に陥ります。すると、細胞に運ばれる栄養が不足し、各細胞の機能低下が起こります。 そうなれば、免疫力が落ちて、さまざまな病気になりやすくなります。 血液が流れにくくなること、血管の内壁が傷ついて、血栓ができやすくなることなどから、 高血圧が悪化するのは言うまでもありません。

もう一点、便秘の影響も考慮する必要があります。便秘を放置すると、腸内環境が悪化し、 老廃物を含んだ血液が全身を巡ることになります。 これもまた、高血圧・肥満・免疫低下・不眠など、あらゆる体の不調を招く原因となります。 したがって、高血圧を改善するためには、自律神経のバランスと腸の働きの両方を整えることが、とても大切なのです。

そこでお勧めしたいのが、腸を刺激して自律神経を整え、高血圧の改善にも役立つ「セル・エクササイズ」です。 セルとは英語で「細胞」を意味する言葉です。 今までのエクササイズは、筋肉を鍛えたりほぐしたりするものが主でした。 セル・エクササイズが大きく違うのは、体の基本的な機能を担う、自律神経にアプローチしている点です。 そのため、筋肉に負担をかけたり、関節を激しく動かしたりという、従来のエクササイズのような動きはいっさいないので、 誰でも簡単に行うことができます。大事なのは動きと呼吸を連動させること、 そしてどこが動いているのかを強く意識するということです。