高血圧対策に「口のコリ取りマッサージ」

速効性抜群!首のゆがみを取り高血圧を改善!口のコリ取りマッサージ



■歯の噛み合せ

首が緊張すると血圧にも悪影響!

歯の噛み合せは、普通考えられている以上に、私たちの健康状態に大きな影響を及ぼします。 顎関節症になったり、歯の調子が悪くなったりするだけではありません。 首や肩のコリ、耳鳴り、眼精疲労や目の痛み、頭痛、睡眠時無呼吸症候群など、さまざまな不定愁訴が起こってきます。 そうした症状の中でも、注目したいのが血圧との関係です。 噛み合わせが悪いために高血圧になっているケースも存在するのです。 このような不定愁訴訴える患者さんに対しては、噛み合わせを調整するかたわら、口の中のコリを取るマッサージが有効です。 実際にマッサージを行い、たちまち症状が楽になった患者さんは少なくありません。 そして、こうして噛み合わせの調整をすることで、高血圧が改善していくケースもあります。

なぜ、噛み合せが悪いと、こうした不定愁訴が起こったり、血圧が上がったりするのでしょうか。 それは、噛み合せが悪い多くの方が、首に負担のかかった生活を送っているためです。 噛むという動作には、非常に多くの筋肉が関わっています。 咀嚼筋の中の咬筋(頬骨と下顎骨の角に付着している筋肉)のほかにも、多くの筋肉が関係しているのです。 それらの筋肉は口の中だけではなく、首などとも連動しています。 舌の奥の筋肉群は、咽頭や後頭部、上部頸椎(首の骨)に人体や膜で近接し合い付着しています。

噛み合せの悪影響は、噛むときだけではありません。顔の向きとも関係します。 例えば、正しい姿勢を保つために顎を引いたとき、噛み合せの狂いで顎が後退している人は、 舌も後退して気道が狭くなっており、睡眠時無呼吸症候群になってしまうのです。首にも負担がかかります。 噛み合せが悪く、歯を噛み合せる筋肉が偏って緊張し、あごの位置に左右差や狂いが生じると、 首周りの筋肉群も過度に偏って緊張します。そして顎部の血行不全が生じ、さまざまな不定愁訴が生じるのです。
頸椎の1〜6番には、脳に血液を送っている椎骨動脈が通っています。 ここの筋肉に緊張やゆがみが生じると、頚椎同士がねじれ位置になり、血管が圧迫され、脳に血液が送られにくくなります。 そうなると、体はそれに対して血圧を上げて十分な量の血液を送ろうと、頑張ります。 ですから、血管の歪みや圧迫を取り除かない限り、簡単には下がらないのです。
同様にそれらの歪みは、頚椎から出ている神経も圧迫するので、手足にしびれを起こしたり、 自律神経の働きを乱したりするでしょう。 これらの要因も重なって、血圧にさらに悪い影響が及ぶことになります。