高血圧対策に「降圧ストレッチ」

硬い筋肉をほぐして体のゆがみを取ると、神経がほぐれ、血圧がみるみるうちに正常化します。 この「降圧ストレッチ」で、4日で30ミリ下がった例もあります。



■高血圧

高血圧の人は体が歪み、筋肉が硬い

運動不足や肥満、塩分の摂り過ぎ、そしてストレス。これらが一般的にいわれている血圧が上がる原因です。 しかし、運動や減量をし、減塩食を続ければ、血圧がスムーズに下がってくれるかといえば、必ずしもそうではありません。 実はこうしたこと以外に、筋肉が硬く、体が歪んでいることが原因で血圧が上がっているケースがあるのです。 実際に診察をしている医師も「これまで多くの患者さんを施術してきて、高血圧の人は筋肉が硬く、関節の動きが悪く、 体が歪んでいるのがわかります。筋肉が硬く、体が歪んでいると、スムーズに血液が流れないのです。」と言っています。 このような人に勧められるのが、硬くこわばっている筋肉をほぐすことです。 筋肉をほぐせば、体のゆがみや関節の動きの悪さが解消します。 そして何より、筋肉が硬いこと自体が招いている高血圧を一掃できるからです。

全身の筋肉は、運動不足や悪い姿勢、加齢などで徐々に硬くなっていきます。 筋肉が硬いと、血管が圧迫されます。すると、血液の流れが悪くなって、ポンプの役目をしている心臓が、 流れにくなった血液を無理やり流そうとします。その結果、心臓の圧力が強くなって血圧が上がるのです。 血圧を下げたいなら、まずこの硬い筋肉をほぐし、関節を柔軟に動かすストレッチが効果的です。 それが「降圧ストレッチ」です。 ここでは即効性のある、肩甲骨とふくらはぎの2つのストレッチを紹介します。