降圧剤(薬)をやめるE「30分散歩」

20年近く飲み続けた降圧剤をやめたら血圧が下がった!! 頭痛も起こらず快適!
ここでは、降圧剤(薬)をやめる方法として、「30分散歩」をご紹介します。


■薬を飲んでいた時より血圧は低い

私が降圧剤を飲み始めたのは、40代後半のことでした。職場の健康診断で血圧が高いと指摘され、 相談した医師から「降圧剤を飲んだ方がいいですよ」と勧められて、飲み始めたのです。 以来、60代の終わりまで、20年近く降圧剤を飲み続けたことになります。 最初の血圧がどれくらいあったか、もはや覚えていないくらいです。 私の血圧は、降圧剤をこうして長年飲んでいても、やや高いままでした。 最大血圧が150ミリ程度、最小血圧が85〜90ミリあったのです。

そんな私に、降圧剤をやめてみたらどうかと勧めてくれたのは、私が月1回定期的に検診をお願いしている診療所の、 松本光正先生でした。松本先生に私が初めて診てもらったのは、いまから4年くらい前のことです。 それまでは別の先生に診てもらっていましたが、担当医が松本先生に替わった時、そうした提案をしてくれたのです。 ですが私は、すぐに降圧剤をやめることはできませんでした。というのも、私はかなり心配性なので、 長年飲んでいる降圧剤を飲むのを急にやめることには、かなり不安があったからです。

その後、松本先生がお書きになった高血圧の本も読みました。降圧剤で無理に血圧を下げると、脳梗塞が起こりやすくなる という話も知りました。それはそれで怖い話です。そんなわけで、松本先生と相談して、降圧剤を飲むのをやめてみることに したのが、今から3年ほど前のことです。
それ以降、降圧剤を一切飲んでいません。薬をやめたら血圧が上がったかというと、逆でした。 現在の血圧は、最大血圧が140ミリを切るくらいで、最小血圧も85ミリ弱前後。 つまり、降圧剤を長年飲んでいた時よりも、やや低くなっているくらいです。



●気分がスッキリしていることが多い

これには、松本先生のアドバイスもあり、血圧を家で測らないようにしていることも影響しているかもしれません。 私は、心配性であるだけでなく、大変な上がり症です。病院に行って、先生の白衣を見るだけで上がってしまいます。 当然、血圧もかなり高くなっていたはずです。これまでの健康診断での血圧が高かったのも、 多分に私自身の性格が影響していたのかもしれません。 そうしたことがわかってきたので、血圧計はあるものの、家では血圧を全く測らないようにしています。 毎日血圧を測り、その数値にいちいち一喜一憂していると、それがストレスになり、血圧も上がってしまうと考えられるからです。

現在は、月1回の定期検診で、松本先生に血圧を測ってもらうだけにしています。 今のところ、それでも問題ありません。降圧剤を飲んでいた時は、かなり頻繁に頭痛に悩まされていました。 頭痛が起こらない時でも、何となく頭が重いということがよくありました。 それが、降圧剤を飲むのをやめてからは、頭痛がほとんど起こらなくなりました。 頭が重い状態になることもめったにありません。最近は気分がスッキリしていることが多いのです。 これが降圧剤をやめた影響なのかどうかハッキリわかりませんが、ともかく現在は、あれほど悩まされていた頭痛も起こらなくなり、 快適に過ごせています。本当に助かっています。 自分自身で注意していることは、毎朝、30分の散歩をしていることくらいです。 食事も、麺類を食べた時などに、スープを飲みきらないようにするとか、減塩に多少気を使っている程度。 体調自体、降圧剤を飲むのをやめた後も、何の問題もありません。

松本先生のご指導で、降圧剤を飲むのを思い切ってやめてみて、よかったと思っています。 健康診断の数値でいえば、多少コレステロールが高めですが、これくらいならコレステロールを下げる薬は飲まない方がいいと、 松本先生からアドバイスされて、その通りにしています。 やはり、薬を飲まずに健康でいられるなら、こんないいことはありません。 今後も、薬を飲まずに元気に過ごせればいいと願っています。