降圧剤(薬)をやめるC「薬をやめる4週間ルール」

加齢とともに血圧が上がるのは自然現象! 「薬をやめる4週間ルール」で降圧剤を断ち切りましょう。



■薬をやめる4週間ルール

●降圧剤を飲むのは、体には余計なお世話

あなたは、血圧が上がることを、とても重大な病気のように考えてはいないでしょうか。 実は、血圧が上がることは、それほど恐ろしい事態ではありません。 ことに、加齢とともに血圧が上がるのは、自然な現象といってもいいのです。 年とともに、私たちの血管は細くなり弾力も低下していき、その分だけ血液を押し流す圧力も高くなります。 そうしないと、血液がスムーズに流れないからです。 つまり、加齢とともに血圧が上がるのは、むしろ私たちの体が血流をスムーズに保とうとする適応反応なのです。 ですから、血圧が高くなった時に降圧剤を飲むというのは、体からすれば「余計なお世話」です。

ところが、現代の日本では、こうした場合にも、「血圧を下げなさい」の一点張りです。 65歳未満の人は、最大血圧を129ミリ以下、最小血圧を84ミリ以下に、65歳以上の人は、最大血圧を139ミリ以下、 最小血圧を89ミリ以下にしなさいとしています。これは、「国際高血圧学会」の基準でもあり、 WHO(世界保健機構)もお墨付きを与えています。 この根拠は、「血圧を下げたほうが心筋梗塞になる確率が少なくなる」というものです。 確かにその通りではあるのですが、これはあくまでも心筋梗塞が発症する確率であって、死亡率ではありません。 この根拠には、次のような但し書きが必要です。
「血圧を下げたほうが、心筋梗塞になるリスクは減るが、トータルでは死亡率(癌をはじめとするすべての原因を含む)が高くなる」

もともと、血圧が高くても何の問題もない高齢者に降圧剤を処方し、無理やり血圧を下げるとどうなるでしょうか。 血流、ことに肝心の毛細血管の血流が悪くなり、栄養素の取り込みも老廃物の排出も滞ります。 自己治癒力も、みるみる低下していきます。 そのため、血圧が高めでも元気だった人が降圧剤を飲むと、逆に調子が悪くなることがよくあります。 それどころか、脳の血流が悪くなり、認知症が進んだケースもあるのです。
ですから、多少血圧が上がっても、あわてて降圧剤を飲む必要はありません。 最大血圧が200ミリ以下を保っている限りは、「体が血流を調整しているからだ」と考えればよいでしょう。 具体的な数値には個人差がありますが、基本的には、最大血圧が130〜160ミリくらい、最小血圧が80〜100ミリくらいで、 多くの方が落ち着いており、調子もいいようです。