降圧剤(薬)をやめるA「生活習慣改善の勧め」

降圧剤を飲むと「脳卒中死が少し減り」「心筋梗塞死が増え」「寿命は延びない」 降圧は生活習慣改善で!



■生活習慣改善の勧め

●「降圧剤は一生止められない」は大げさ

「高血圧の薬を飲み始めると、一生止められない」という話が、都市伝説のように伝わっています。 しかし、血圧には体質や生活習慣が関係しています。 薬を止めて元に戻ることはあっても、治療前より悪くなることはありません。 「一生止められない」は大げさすぎる話です。薬に頼りすぎた高血圧治療の実態にも、疑問があります。 メタボ検診では最高血圧130mmHg未満、最低血圧85mmHg未満のいずれかを外れると「高血圧のリスク有り」と判定され、 血圧を下げるための生活指導を受けます。それで改善しなければ医療機関の受診になります。 医療機関での治療は通常、ガイドラインに沿って進められます。 糖尿病や腎臓病などの病気がなければ、まず生活指導を数ヵ月間受け、それで最高血圧が140mmHg未満、 最低血圧が90mmHg未満に下がらなければ、薬による治療が始まります。

このようにメタボ検診でも、ガイドラインでも、生活習慣の改善は必須とされています。 しかし、生活習慣の改善には時間と根気がいるもの。 医師不足が言われる昨今、血圧が高ければ、直ちに薬が処方されることもあるのではないでしょうか。 もちろん、高血圧は脳卒中(脳出血、脳梗塞など)の重大な原因ですし、放置をすれば心不全や心筋梗塞の発症リスクも高まります。 ただし、血圧が上がるには、何らかの理由があるものです。 例えば、年を取るだけでも血管の柔軟性が失われ、血液を体の隅々に送りにくくなるため、血圧は上がります。 直接的な原因は血管の老化にあることが多いのですが、そこに間接的にかかってくるのが肉体的、精神的ストレス、 過剰な塩分摂取、喫煙、肥満、運動不足など生活上の問題です。 こうした問題点を解消することで、血管に柔軟性が戻り、血圧が上がる理由がなくなれば、 おのずと脳卒中や心臓病の発症リスクは低減し、元気で長生きできる確率が高まるわけです。

では、生活習慣の改善なしに、薬だけで強引に血圧を下げると、どうなるのでしょうか。 それを明らかにしたのが、1980年代に相次いで発表された「サイアザイド系利尿剤」の大規模調査データです。 この薬は、降圧剤としてもっとも古くから使われてきたもので、尿の量を増やして血圧を下げる作用があります。 たとえ薬で血圧は下がっても、結果的に脳卒中など、致命的な病気の発症や死亡を防げなければ、長寿には結び付きません。 残念ながら、これらのデータでも、またその後に行われた数多くの大規模調査データでも、 サイアザイド系利尿剤の長寿効果は確認できませんでした。 この薬を長く飲み続けると、

@脳卒中による死亡率がわずかながら減少する。
A心筋梗塞による死亡が増える(または減らない)。
B寿命が延びることは決してない


以上が、大規模調査で得られた結論でした。 この3つは、以後発売されるどの降圧剤にも認められ、あたかも高血圧治療にかけられた呪縛のような存在になっているため、 私はこれを「呪縛三原則」と呼んでいます。