降圧剤(薬)をやめる@「高齢者の降圧剤服用について」

高齢者高血圧は元気な証拠! 降圧剤を使うと、かえって死亡率が高まると判明!!



■高齢者の降圧剤服用について

●薬で20mmHg下げると死亡率が10倍

加齢とともに、血圧は上がっていきます。これは、生理的に必然性がある現象です。 私たちの体は、心臓より上に位置する脳に、重力に逆らって血液を送り届ける必要があります。 しかし、年とともに血管の柔軟性がなくなるため、徐々に血圧が高くなるのです。 加齢によって血圧が上がるのは、自然現象で、元気な証拠といえるでしょう。 そうした元気な人たちの血圧を、薬で無理に引き下げたら、どうなるでしょうか。 そうすると、「脳梗塞」になるリスクが高まってしまうのです。

脳梗塞の危険性は、3年前(2009年)に発表された「無作為化対象比較試験(JATOS)」を見ても、示されています。 この研究は、65〜85歳の、最大血圧が160mmHgを超える4418人に降圧剤を投与し、 140mmHg未満に大幅に血圧を下げる群(A群2212人)と、 140〜159mmHgと多少血圧を下げる群(B群2206人)の二群に無作為に分けて、2年間の経過を追跡したものです。
結果、脳梗塞の発症数は、A群が36人、B群が30人、脳梗塞による死亡数はA群が2人、B群が0人でした。 総死亡数はA群が33人、B群が24人でした(総死亡数とは、すべての原因による死亡者数)。 薬で大幅に血圧を引き下げ、140mmHg以下に落としたA群の方が脳梗塞の発症例が多く、脳梗塞による死亡者も出ています。 総死亡者数の比較においても、B群の1.4倍も多い死者を、A群が出しています。

こうしたデータがあるにもかかわらず、降圧剤が奨められる血圧の目標値は、次々と引き下げられ、高血圧患者が増やされてきました。 顕著なのが、高齢者の最大血圧です。1987年には、厚生省によって、「180mmHg以上」とされていましたが、 2004年には、日本高血圧学会が「140mmHg以上」としました。私の最近の研究では、最大血圧180mmHg以上の人が、 薬で160mmHg未満に下げると、治療しなかった人に比べて、5〜6年間での死亡率が10倍になっていることが判明しました。 高血圧が原因となる脳内出血(脳の内部で血管が破れて起こる脳卒中)が多かった昔は、降圧目標値に下げる理由も、 それなりにありました。何しろ、戦後すぐの1950年ころは、脳卒中の95%以上が脳内出血だったのです。 しかし、近年の栄養状態の良化により、脳内出血は18%に減り、脳梗塞が75%に増えました。 このように、高血圧による脳内出血の危険性は大幅に減少しているのに、降圧目標値が厳しくされてきたわけです。 70歳以上の人の降圧剤の服用率は、45%にも達しています。