高血圧対策に『梅ウコン玉ネギ』

血液サラサラ!血管しなやか!詰まらない!破れない!を実現
脳卒中、心筋梗塞を未然に防ぐ!高血圧がみるみる正常化!『梅ウコン玉ネギ

サラサラ循環に好適な素材「梅」「ウコン」「玉ネギ」を濃縮結集させて仕上げられた「梅ウコン玉ネギ」。 紀州産の梅から作られた梅エキスに、沖縄県産の秋ウコン、 淡路・北海道産の玉ネギのエキスを加えるという国産ぞろいのラインナップ。 脂肪分などからドロドロ状態になった体をサラサラ循環へと導きます。 梅エキスに含まれる「クエン酸」「ムメフラール」、秋ウコンの「クルクミン」、そして玉ネギの「ケルセチン」という 今話題のサラサラ成分をギュッと濃縮。口の中に広がる梅の味わいは疲れた体が喜ぶかのよう、健康習慣の強力なアイテムの登場です。



■血管が詰まる・破れる・危険が増す動脈硬化

心臓から押し出される血液が血管にかける圧力、これがすなわち血圧です。 高血圧を放置すると、常に強い圧力にさらされる血管は弾力を失って、もろく破れやすくなることに。 血管の老化である、動脈硬化が進むのです。 動脈硬化に陥ると、血管の内腔(血液が通るスペース)も徐々に狭くなって、 血液の塊である血栓が詰まりやすくなることも無視できません。 そもそも血栓とは、高血圧や脂質異常症、糖尿病などによって血管内皮細胞が傷ついたり、 血液の成分が変化(血液ドロドロ状態)することで形成されます。 血栓は血管を塞いでしまうため、体の臓器に血液を送れなくなり、体の組織の一部が壊死したり、 機能障害を引き起こす要因となってしまいます。 例えば、脳の血管に詰まれば脳梗塞、心臓の血管であれば心筋梗塞、腸への血管であれば腸壊死など、 命に関わる重篤な病気の原因となります。 また、下肢深部の静脈にできた血栓の一部が肺の血管に流れて、詰まりを起こす肺血栓塞栓症による胸の痛み、 呼吸困難も代表的な症状の一つです。そこで注目していただきたいのが、 こうした血管危機を無事に乗り切るためには、どのような食品を積極的に摂取することが勧められるのでしょうか。 三つの血液サラサラ・血管しなやか食品を合体させた『梅ウコン玉ネギ』なのです。