高血圧対処術「笑い」

笑い」は、心ばかりか体も温まります。
「笑い」は、全身の血流をよくし高血圧を下げます。
「笑い」は、最良の降圧剤といえます。



■高血圧対処術「笑い」

●作り笑いでも健康効果が得られる

私は、もともと心療内科をしておりました。これまで、心に問題を抱える患者さんを数多く診てきましたが、 その多くが、「怒り」を自分のうちに溜め込んでいるようでした。 それが、患者さんたちの大きなストレスとなり、心の病を引き起こす一因となっていました。
まず私は、患者さんたちに、ストレスの根源である「怒り」をどんどん外に吐き出すことを勧めました。 しかし、言葉では簡単に言っても、なかなか難しいようです。 知らないうちに溜め込んでいた「怒り」をいきなり発散しろといわれても、できないのは無理もありません。 そこで、怒ることの代わりに、今度はなるべくたくさん笑うことを勧めました。 落語や漫才、コメディー番組などをたくさん見るように勧め、笑いのある生活を心がけてもらうようにしたのです。 すると、多くの患者さんが、溜め込んでいたストレスをスッキリ解消できたのです。 たくさん笑えば、その分「喜び」や「楽しみ」といった感情を多く感じることができます。 「喜び」や「楽しみ」を感じることは、ストレスを解消するという意味では、「怒り」を吐き出すのと同様の効果を もたらすことがわかりました。

このように「笑い」は心身をリラックスさせ、ストレスを感じたときに分泌される「コルチゾール」というホルモンを 低下させます。コルチゾールの増加は、心の病のほかにも、認知症やメタボリックシンドロームを引き起こす原因の一つになります。 笑うことでコルチゾールが低下すれば、これらの症状の予防にもつながるでしょう。 また、大声で笑っているときは、腹式呼吸になるので、自然に呼吸が深くなります。 深い呼吸は、自律神経に作用し、副交感神経を優位にさせるのです。 自律神経とは、体の諸機能を自動的に調節している神経のことです。 人間の体の内部では、体を活動的な状態に導く交感神経と、リラックスした状態に導く副交感神経とが常にバランスを 取り合いながら、そのときどきにふさわしい体調を作り上げています。 副交感神経が活発になると、血管が拡張されて、血液の流れがよくなります。 血流がよくなれば、高血圧の人は、血圧の正常化につながり、脳梗塞や狭心症、心筋梗塞などの予防にもなります。

中には、笑うことが難しいという方もいらっしゃるでしょう。そういう方は、「作り笑い」でもいいので、 笑うことを心がけてください。作り笑いでも、体の緊張はほぐれ、本当に笑っているときに近い健康効果が期待できます。