高血圧対処術「湯たんぽ」【体を温めると血圧は下がる】

湯たんぽで二の腕を温めると血圧が正常化!
190mmHgが120mmHgに下がり安定。



●二の腕が冷たいと血圧が上がりやすい

高血圧と体の冷えは、密接に関係しています。体が冷えてくると、動脈が収縮し、血液の循環が悪くなります。 すると心臓は、血液循環量を増やそうとして、たくさんの血液を送り出します。 細くなった血管に、無理やり血液を流すので、結果として、血圧が上がってしまうのです。

体の冷えが健康に及ぼす影響は、血圧だけではありません。 免疫力の低下を招き、さまざまな病気や不快症状の引き金になります。 だからこそ私は、診療に来た患者さんにはまず体の冷えを取り除くことを勧めています。 皆さんもまず、自分の体が冷えているかどうかを次の要領で確かめてください。 起床時、わきの下に手を差し込んで、温度を確認します。 そして、その温度を基準に、おなか、お尻、太もも、二の腕の温度と比較するのです。 それらの部位が、わきの下の温度よりも低いと感じたら、あなたの体は冷えていると考えていいでしょう。

冷えを解消するには、体の表面から筋肉を温めることが効果的です。 人間の活動を支える熱エネルギーは、食物を消化・吸収するときや筋肉の運動によって産生されます。 それが、血流によって全身に運ばれます。ところが、筋肉が冷えて働きが弱まっていくと、 熱エネルギーの産生量が減り、血流も停滞しやすくなります。 その結果、体はどんどん冷えてしまうという悪循環に陥ってしまいます。 つまり、「体の冷え=筋肉の冷え」なのです。

体を温める手段としては、『湯たんぽ』がお勧めです。 湯たんぽは、体にふれる面積が広く、熱エネルギーが高いため、効率的に体を温めることができます。 高血圧に悩んでいる方は、二の腕を集中的に温めるのがよいでしょう。 二の腕全体が湯たんぽに接するように置いてください。 血圧を測定する際は、上腕部、つまり二の腕にカフ(袋状のベルト)を巻き付け、上腕動脈の血圧を測るのが一般的です。 二の腕が冷たいと、どうしても、上腕動脈は収縮してしまうので、測定結果に影響します。 また、二の腕には、日常生活ではほとんど使わない筋肉があります。 ここを温めて血流を増やすと、高い効果が期待できます。