内臓脂肪ダイエット【計るだけダイエット】

「計るだけダイエット」とは、起床後と夕食後の2回、体重を量って記録する、腹囲のサイズを測る、という方法で、 1日2回体重を量れば、自然に減っていきます。 内臓脂肪を減らせば、突然死の危険が下がり、老化を遅らせる物質「アディポネクチン」を増やすようにすれば、 高血圧を予防することができます。



■内臓脂肪ダイエット【計るだけダイエット】

●内臓脂肪を減らせば、突然死の危険が下がる

肥満は高血圧、糖尿病、高脂血症など、さまざまな生活習慣病の引き金になります。 脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪があり、内臓脂肪が多いタイプは「リンゴ型肥満」、 皮下脂肪が多いタイプは「洋ナシ型肥満」とも呼ばれています。
今、問題視されているメタボリックシンドロームの”主犯格”とされるのが、内臓に脂肪がたまって、 おなかがポッコリと出る「内臓脂肪型肥満」です。 内臓脂肪型肥満は、高血圧、糖尿病、高脂血症などを引き起こし、その結果、 心筋梗塞や脳卒中などにつながる危険も高くなります。内臓脂肪は動脈硬化の直接的な原因にもなっているのです。

逆に言えば、内臓脂肪を減らせば、高血圧、糖尿病、高脂血症などを予防することができ、突然死の危険も低下するというわけです。 実際、兵庫県の尼崎市役所では、職員にウェストを細くする(内臓脂肪を減らす)ように指導を徹底したところ、 高血圧、高血糖、高中性脂肪が改善し、毎年何件かあった心筋梗塞による突然死もピタリと収まったといいます。 現代の食生活は、食べすぎや飲み過ぎ、糖質や塩分過多になりがち。さらに運動不足やストレスなどが重なると、 内臓脂肪型肥満になりやすいといえます。中でも、中年男性や閉経後の女性は要注意。 内臓脂肪型肥満が年々増える傾向にあります。

内臓脂肪が多いか少ないかを判断するにはCT検査が正確ですが、自分で判断することも可能。 そのバロメーターとなるのが、「腹囲(おへその周囲)」です。 男性なら85cm以上、女性なら90cm以上が危険レベル。 体重だけでなく、腹囲も意識しながら、内臓脂肪を減らすダイエットを心がけましょう。