血圧・血行・血管の高血圧トライアングル解消術

高血圧症は「血圧」「血行」「血管」のトライアングル関係によって相乗的に悪化したり、改善したりします。 したがって、このトライアングル関係を良好に保てば、高血圧症は改善することができます。 血圧降下術のファーストステップは1日2回血圧を測ることです。測る時間帯は、就寝前と起床後30分以内。 普段から血圧が「少し高め」の人は、早期発見で危険を回避することができます。



■血圧・血行・血管の微妙な関係

高血圧症は「血圧」「血行」「血管」のトライアングル関係によって相乗的に悪化したり、改善したりします。 したがって、このトライアングル関係を良好に保てば、高血圧症は改善することができます。


●血管が硬くなると高血圧を招く

血圧は、血管の柔らかさと血流の勢いによって決まります。 つまり、高血圧には血管や血流の状態が深く関係しているのです。 通常、血液の通り道である血管の壁は柔らかくて弾力性があります。 このため、心臓から送り出される血液の流れる力を吸収したり、血管を広げたりして、血圧を正常に保つ働きがあります。 ところが、血管が硬くなってしまうと、血液が流れる際の強い衝撃を吸収できず、血圧の上昇を招いてしまうのです。 強い衝撃にさらされ続けていると、硬くなった血管はそれに耐え切れなくなり傷ついてしまいます。 そうなると血栓ができ、脳梗塞や心筋梗塞を、あるいは血管が破裂し、くも膜下出血や大動脈瘤などを引き起こしてしまいます。


●血行が悪くなると血圧は不安定になる

心臓から送り出された血液は動脈を通って全身へ運ばれ、静脈を通って心臓へと戻ってきます。 血液循環は、不規則な生活習慣などで滞ってしまいがちです。 特に、体の末端から心臓へと向かう、静脈を流れる血液の流れが悪くなります。 血行が悪くなると、血栓ができやすくなり、血管に負担をかけるなどして高血圧につながってしまうのです。 逆に、血行が良くなれば、血栓の生成を防ぐ物質が血管壁から分泌され、動脈硬化を予防、血圧も安定します。


このように、「血圧」「血管」「血行」はお互いに関与し合って健康を支えているので、3つのケアを併せて行えば 相乗効果が期待できます。