高血圧対策の『食事』@食塩と血圧の関係

高血圧対策食事でまず注意したいのは、食塩の摂取量です。 1日6g未満を目標に、「減塩」に取り組みましょう。 そのほかにも、5つの栄養素「タンパク質、カルシウム、食物繊維、カリウム、マグネシウム」を積極的に摂れば、 血圧を下げる効果をさらに高めることができます。
また、野菜を多く摂り、コレステロールや飽和脂肪酸を多く含む食品を控えることも大切です。 逆に減らしたいのは脂肪。乳製品や肉類は、塩分や脂肪分の少ないものを選ぶようにしましょう。



■@食塩と血圧の関係

過剰な食塩摂取が血圧を上げる原因になる

血圧を上げる大きな要因の一つに、食塩の摂りすぎがあげられます。
通常は、食塩(塩化ナトリウム)を多く摂っても、腎臓で濾過され、尿として排出されます。 しかし、食塩を摂りすぎると、人間の体は、血圧を上げて体内のナトリウムを排泄しようとします。 このような調節が十分に働いている状態で食塩摂取量を減らすと、血圧は下がります。 大量の発汗などで体内のナトリウムが極端に減っている場合を除き、健康の維持には、本来、1日3g程度の 食塩摂取で十分とされています。したがって、食生活の改善で最も重要となるのが、食塩の摂取量を抑えることです。 日本人は食塩の摂取量が多く、平均で1日11g近くも摂っています。 これは、和食では味噌や醤油、漬物など、食塩を多く使った調味料がよく使われるためだと考えられます。

●食塩感受性が高い人は特に注意

塩分の摂取によってどの程度血圧が上がるかには、個人差があります。 塩分の摂取量が増えても血圧があまりあがらない人もいる一方で、血圧が大幅に上がりやすい人もいるのです。 このような性質を「食塩感受性」といいます。 食塩感受性には、塩分と水分を排泄する腎臓の働きが関係しています。 腎臓の働きが低く、余分な塩分と水分を排泄しにくい状態だと、血圧が上がるのです。 そのため、食塩感受性が高い人の高血圧の改善には、減塩が特に有効です。 また、減塩は腎臓を守ることにもなります。 塩分の摂取量に関係なく血圧が高い人にが血圧を下げるには、減塩以外の対策が必要です。