血流改善・血行促進・血液サラサラ

健康な状態の血管は柔らかく弾力があるため、血流が増えると広がり、血流が少なくなると縮み、血圧が一定に保たれます。 しかし、血管に弾力がなくなると、血流が増えても血管が広がらず、血圧が上がってしまいます。 血流が悪い状態では血管は硬くなり、「動脈硬化」の状態になってしまいます。 血管内壁にコレステロールなどがたまって血液の流れが妨げられると、血液の塊(血栓) ができて血流が詰まり、 高血圧・動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病などさまざまな生活習慣病にもつながります。 血流改善血行促進によって血液サラサラを維持しましょう。



■血流改善・血行促進・血液サラサラ

毛細血管は赤血球1つより細い

私たちの体の全ての血管を1本のホースのようにつなぐとしたら、その長さは何と9万km、地球を2週半もする長さになります。 その極細の血管の中を、血液は休むことなく流れています。 全身の血管を流れる血液の流動性がいいこと、すなわち「サラサラ血液」であることは、あるゆる健康の基本です。 しかし、残念ながら日本人の多くが生活習慣病に一歩足を踏み入れているため、「ドロドロ血液」 になっているのが現状なのです。

「血流」の停滞は、主に毛細血管に血液が流れにくくなることで起こります。 毛細血管はもともと赤血球1つの大きさよりも細く、赤血球は形を扁平にして毛細血管の中を流れていくのですが、 血液中に糖分や悪玉コレステロールが増えすぎると、赤血球はうまく変形できなくなり、 毛細血管を通りにくくなるのです。毛細血管が不健康になると血流が滞り、高血圧や動脈硬化を招き、 そのことによってさらに血液の状態が悪くなるという悪循環に陥ってしまうので、健康のためにはまず、 血流を改善して血液をきちんと循環させる必要があります。 特に、メタボリックシンドロームの方は、ほとんどの人が「ドロドロ血液」であることが予想されるので、 生活習慣病の予防のためにも、問題のあるライフスタイルを改めて、血液の流動性を高めることが必須であるといえます。