体重管理で血圧を下げる

体重が増えてくると、それに伴って血圧も上がりやすくなります。 肥満があると高血圧が起こる確率が2倍に増え、高血圧の人の過半数に肥満がみられます。 血圧をコントロールするためには、肥満がある人は減量して肥満を解消し、 肥満がない人は適正体重を維持することが有効です。 高血圧対策として減量の効果は大きいので、まずは3kgの減量を目標にして、 減った体重を維持するよう心がけましょう。



体重管理で血圧をコントロールするには?

食生活や運動など、生活習慣の改善が重要

高血圧の治療の目的は、血圧を適正範囲内に保ち、「心筋梗塞」や「脳卒中」などの命にかかわる合併症を防ぐことにあります。 治療の基本は、生活習慣の改善です。


■生活習慣改善のポイント

血圧を上げる要因の多くは、日常生活の中にあります。 そうした要因を改善するだけでも、血圧を下げる効果が期待できます。

▼食事
食塩の摂取や、コレステロールや飽和脂肪酸を多く含む食品の摂取を抑え、 野菜や果物を積極的に摂るようにします。

▼適正体重の維持
太っている人は減量し、そうでない人も体重が増えすぎないように気を付けます。

▼運動
適度な量の有酸素運動を習慣づけます。

▼節酒・禁煙
血圧はもちろん、健康全般に影響を与える過度のアルコールに注意し、禁煙します。

こうした生活習慣の改善だけでは血圧が十分に下がらない時や、腎臓などの臓器に障害が現れている場合は、 降圧薬が用いられます(薬物療法)。 しかし、薬物療法を始めてからも、治療の基本は生活習慣の改善にあります。 薬は血圧を下げる効果に優れていますが、肥満などの、血圧を上げる要因を解消するものではないからです。 生活習慣の改善は、自分でできる高血圧の治療法です。しっかりと身につけて、血圧をコントロールしていきましょう。