高血圧のタイプ

血圧は、測定する場所や時間帯などで大きく変動します。 以前は、医療機関で測った「外来血圧」で「正常血圧」と「高血圧」の2つに大きく分けられていましたが、 家庭用血圧計の普及に伴い、さまざまなタイプがあることがわかってきました。
(*本文は下の方にあります)


高血圧のタイプ

■高血圧の主なタイプ

血圧は医療機関で測る「外来血圧」と自宅で測る「家庭血圧」によって、「正常血圧」「白衣高血圧」「仮面高血圧」「高血圧」という4つのタイプに分類されます。

▼高血圧
外来血圧、家庭血圧ともに高い状態です。 外来血圧の場合は、「収縮期血圧140mmHg以上または拡張期血圧90mmHg以上」だと高血圧と判定されます。 家庭血圧は外来血圧より基準値が低く、「収縮期血圧135mmHg以上、または拡張期血圧85mmHg以上」が高血圧に分類されます。

▼白衣高血圧
家庭血圧は正常なのに、外来血圧は高くなるタイプです。 医療機関で高くなるのは、緊張によるストレスのためと考えられています。 通常、すぐに治療する必要はありませんが、白衣高血圧の約1/3は、将来本当の高血圧に移行するといわれているので、 ”高血圧予備軍”として経過観察が必要で、家庭血圧の測定を続けることをお勧めします。

▼仮面高血圧
白衣高血圧とは反対に、昼間に測る外来血圧は正常で、朝や夜に自分で測ると高血圧になります。 治療が必要なタイプで、40歳以上の約10%が仮面高血圧という報告もあります。

▼正常血圧
外来血圧と家庭血圧のどちらも正常なタイプです。なかでも、外来と家庭での血圧がともに 「収縮期血圧120mmHg未満かつ、拡張期血圧80mmHg未満」が、理想的とされています。

白衣高血圧や仮面高血圧は、家庭用血圧を調べなければわかりません。 自分がどのタイプなのかを知る上でも、家庭での血圧測定が重要です。