自分の血圧のタイプを知る

高血圧は血管の状態によって「血管収縮タイプ」と「血液量過剰タイプ」に分けられます。 ストレスや塩分過多など、タイプによって高血圧の要因は異なります。 血液検査などを受けて自分のタイプを知ることが大切です。
(*本文は下の方にあります)


自分の血圧のタイプを知る

■高血圧のタイプ

血管の収縮や血液量から大きく2つに分けられる

血圧とは、心臓から送り出された血液が、血管の壁(血管壁)に与える圧力のことです。 血圧が常に高くなっている状態を高血圧といいます。 高血圧の基準値は、医療機関で測る場合は「収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上」です。 家庭で測る場合は「収縮期血圧が135mmHg以上、拡張期血圧が85mmHg以上」です。 いずれの場合も、収縮期血圧と拡張期血圧のどちらか一方でも基準値に当てはまれば、高血圧と診断されます。
高血圧は2つのタイプに分類されます。

▼血管収縮タイプ
血管が収縮することで血圧が高くなるタイプです。例えば、ホースから水がちょろちょろと出ているときでも、 ホースをギューっと握り締めると、ホース内にかかる圧力が高まり、水の勢いも強くなります。 血管収縮タイプではこのようなことが血管で起こり、血圧が高くなっています。

▼血液量過剰タイプ
血管内を流れる血液の量が増えることで血圧が高くなるタイプです。 ホースをつないだ蛇口を大きく開くと、流れる水が増えて、ホースにかかる圧力が高まります。 血流量過剰タイプではこのようなことが血管で起こり、血圧が高くなっています。

どちらのタイプでも、血圧が高くなることは同じです。血圧が高い状態が長く続くと、血管壁が厚く、硬くなる 「動脈硬化」が生じます。そして、動脈硬化は、血圧をさらに高めてしまいます。 この2つは悪循環の関係にあるのです。

●血圧を調節する仕組み

人間の体には、血液中の塩分濃度を一定に保つ仕組みがあります。 塩分を摂取すると、塩分濃度の上昇を防ぐために水分の吸収が高まり、血液量が増えて一時的に血圧が上がります。 しかし、普通はすぐに腎臓が働き、余分な塩分と水分を尿として排泄するため、血液量は元の状態に戻り、血圧は下がります。 また、脱水などで体内の水分が少なくなり、血液量が減少して血圧が過剰に下がりそうなときには、血管がギューっと 収縮することで、血圧を上昇させます。
このような血圧の調節機能に異常が生じ、血液量が増えた状態や、血管が収縮した状態が続いたりすると、 血圧が高いままになってしまいます。