二次性高血圧

「高血圧」の中には、『二次性高血圧』といって、 特定の病気などが原因となって引き起こされるものがあります。 二次性高血圧は若い人に多くみられ、命にかかわる病気につながる危険性も高いため、 二次性高血圧のサインを見逃さないことが大切です。
(*本文は下の方にあります)


二次性高血圧

■二次性高血圧とは?

特定の病気などが原因となる。 若い人に多く、気付かないことも。

一般に、高血圧と言えば、体質や生活習慣の乱れが重なって起こる「本態性高血圧」を指します。 しかし、特定の病気などによって高血圧が引き起こされることもあります。これを『二次性高血圧』といい、高血圧の1〜2割程度を占めます。 本態性高血圧は完治が難しく、”コントロールする”ものであるのに対して、二次性高血圧は背景にある原因に対処すれば、 高血圧も治る可能性が高いという点が大きな違いです。 二次性高血圧は若い世代に多く、仕事や家事の忙しさから薬を飲み忘れたり、そもそも高血圧に気づいていないことも多いため、 「脳卒中」「心筋梗塞」につながることも少なくありません。 合併症を避けるためにも、二次性高血圧のサインを見逃さないことが重要です。


■二次性高血圧の原因

血圧にかかわるホルモンの増加や腎臓の病気などが原因となる。

二次性高血圧には主に、ホルモンの異常で起こる「内分泌性高血圧」や腎臓に病気があって起こる 「腎性高血圧」「血管性高血圧」、脳の外傷や脳炎などで起こる「脳・中枢神経性高血圧」、 薬が原因で起こる「薬剤性高血圧」などがあります。 血圧の値だけを見ていると、本態性高血圧と区別しにくいのですが、二次性高血圧の発症の仕方には特徴があります。 特に、数週間の間に血圧が急上昇したような場合には、二次性高血圧が疑われるため、 心当たりがあれば医療機関を受診してください。 すでに高血圧の治療を受けている人であれば、担当医に相談したり、別に医師の意見を聞く「セカンドオピニオン」 を求めたりするのもよいでしょう。

▼内分泌性高血圧
副腎に腫瘍ができて、血圧を上げる「アルドステロン」というホルモンの分泌が過剰になる 「原発性アルドステロン症」や、「クッシング症候群」「褐色細胞腫」などがあります。 クッシング症候群は、副腎や脳の下垂体などに腫瘍ができ、「コルチゾール」というホルモンが 過剰に分泌されることで生じる病気です。褐色細胞腫は、副腎や交感神経などに腫瘍の一種で、 「カテコラミン」が過剰に分泌されるために血圧が上昇します。 このほかにも、「甲状腺疾患」「副甲状腺機能亢進症」「先端肥大症」などがあります。

▼腎性高血圧
腎臓の病気が原因で起こる高血圧で、二次性高血圧の中で最も多くみられます。 血圧と腎臓には"血圧が高いと腎臓が障害され、腎臓が障害されると血圧が上がる"という相関関係があります。 そのため、腎臓病のほとんどは、高血圧を引き起こします。 最も多いのは「慢性糸球体腎炎に伴う高血圧」ですが、腎臓の血管が狭くなったり、詰まったりするために起こる 「腎血管性高血圧」もしばしばみられます。

▼血管性高血圧
「大動脈炎症候群(高安動脈炎)」や「大動脈縮窄症」による高血圧が、比較的よく知られています。 大動脈症候群は、大動脈やその周辺の太い血管に炎症が起こる病気です。 大動脈縮窄症は、大動脈が狭くなる病気です。

▼脳・中枢神経性高血圧症
「脳の外傷」や「脳炎」などが交感神経を活性化させて、高血圧を引き起こす場合があります。

▼薬剤性高血圧症
血圧を上げやすい薬としては、「副腎皮質ホルモン薬」「非ステロイド性消炎鎮痛薬」「一部の漢方薬」などがあります。 非ステロイド性消炎鎮痛薬は痛み止めとしてよく使われますが、長期間飲み続けていると、血圧を上げることがあります。

▼その他
「妊娠に伴う高血圧」などがあります。 妊娠に伴う高血圧の多くは、妊娠20週以降に発症します。出産後12週までに自然に正常範囲まで下がることが多いのですが、 妊娠中の高血圧は母体と胎児の両方に悪影響があるため、治療などの対処が必要です。