不整脈@不整脈とは?

不整脈』とは、脈拍の異常だけではなく、「心臓の拍動(心拍)のリズムが不規則になった状態の総称」で、 心配のないものから、命に関わるものまであります。


■「不整脈」とは?

『不整脈』のことを「手首などで感じられる脈拍が乱れた状態」と考える人も多いようです。 確かに、多くの不整脈では脈拍が不規則になります。しかし、不整脈があっても脈拍にまったく異常がない場合や、 逆に不整脈がなくても脈拍が不規則になる場合があります。 不整脈のことを英語で「arrhythmia(アリズミア)」といい、日本語に直訳すると「非リズム状態」となります。 つまり不整脈とは、脈拍の異常だけではなく、「心臓の拍動(心拍)のリズムが不規則になった状態の総称」なのです。

「拍動」とは、心臓が収縮と拡張を繰り返すことです。 拍動は、右心房の上部にある「洞結節」で発生した電気信号が、心臓内に巡らされた「刺激伝導系」 という経路を解して伝えられ、心房と心室が順序よく収縮することで起こります。 基本的に、洞結節が生み出す拍動が1分間に50〜100回であれば正常な状態とされており、この状態を「洞調律」と呼びます。

不整脈は、心配の要らないものから命に関わるものまでさまざまですが、 不整脈が死を招くことも決して珍しくありません。そのため、症状とタイプによっては、治療が必要になります。 日本での不整脈の発作による死亡者数は、1年間に2万人ほどといわれています。 しかし、「心筋梗塞」など、不整脈以外の心臓の病気でも、最終的には不整脈が起こって死に至ることが多く、 そのような例を含めると、年間の死亡者数は5万〜10万ほどになると推測されています。



■不整脈の起こる仕組み

心臓が発する電気信号に異常があると起こる

心臓は、自ら発している「電気信号」によって動いています。右心房にある「洞結節」で作られた電気信号が、 心臓全体に伝わって刺激を与え、それによって心臓が収縮と拡張を繰り返します。 この「刺激伝道系」と呼ばれる仕組みによって、電気信号が一定のリズムで発生し、 心臓の各部位に正しく伝われば、正常な拍動が生じます。ところが、電気信号の伝わり方に異常があると、 拍動が早くなったり、遅くなったり、あるいはリズムが乱れる「不整脈」が起こってきます。