大動脈瘤

大動脈瘤の大きな原因は「高血圧」と「動脈硬化」。破裂すると、命に関わる。
●「ステントグラフト内挿術」では、瘤の内側にステントグラフトを留置する。
●「人工血管置換術」では、瘤のある部分の血管を人工血管に置き換える。


■大動脈瘤とは?

大動脈の一部が瘤状に膨らむ病気

「大動脈」は心臓の左心室から出る血管で、心臓から送り出された血液はここを通って全身へ運ばれていきます。 大動脈は全身の血管の中で最も太く、成人では直径がおよそ2〜3.5cm、長さは45〜50cmほどあります。 この大動脈の壁の一部が瘤状に膨らみ、直径が健康な大動脈の1.5倍以上になったものを『大動脈瘤』といいます。 大動脈瘤には、血管壁の両側が膨らむものもあれば、片側が膨らむものもあります。 大動脈瘤は、大動脈のどの部位にでも発生する可能性があります。横隔膜より上にできる「胸部大動脈瘤」と 横隔膜より下にできる「腹部大動脈瘤」とに大別されます。日本人に多いのは、おへその辺りの大動脈にできる 腹部大動脈瘤と心臓の上部の大動脈がカーブしている辺りにできる胸部大動脈瘤(弓部大動脈瘤)です。


■大動脈瘤の原因

大動脈瘤の大きな原因は「高血圧」「動脈硬化」です。高血圧や動脈硬化によって血管壁がもろくなると、 血流の圧力に耐えられなくなり、瘤が生じやすくなります。動脈硬化が起こる背景には、高血圧のほか「肥満」「加齢」などがあります。 そのため、大動脈瘤は動脈硬化が進行しやすい70歳以上の人に多く見られますが、 近年では50〜60歳代の男性にも増えています。日本では高齢化の影響で患者数が増えており、現在、この病気で手術を受ける 患者さんは、20年前のおよそ3倍の約3万人に上ります。


■大動脈瘤の症状

多くは症状が現れないため、早期発見が大切

大動脈瘤があっても、多くは症状が現れません。まれに弓部大動脈瘤では、弓部大動脈の近くにある声帯に関わる神経が 圧迫されることで、「声がかすれる」などの症状が現れたり、腹部大動脈瘤では「お腹を手で触ると強く脈打っているのを感じる」 場合もあります。しかし、大半は大動脈瘤が破裂する直前、あるいは破裂してから症状が現れます。 胸・背中・お腹・腰など、大動脈瘤がある部位に、それまでに経験したことのないほどの激しい痛みが起こります。 そのような症状がある場合は、緊急に手術が必要です。直ちに救急車を呼んでください。 大動脈が破裂した場合は大出血を起こし、命に関わります。すでに破裂している場合、緊急手術が行われます。 手術をしても約半数は救命が困難です。そのため、破裂する前に大動脈瘤を発見して治療を受けることが大切です。

●大動脈瘤を発見するには

発見のためには、定期的に健康診断や人間ドックなどを受けることが必要です。胸部大動脈瘤は「胸部エックス線検査」、 腹部大動脈瘤は「超音波検査」により発見できます。より詳しく調べるためには、造影剤をを使った 「CT(コンピュータ断層撮影)」が行われます。大動脈瘤が見つかった場合、瘤が小さければ「薬物療法」が行われます。 降圧薬を用いて厳重に血圧を管理し、経過観察をしながら、医師が破裂の危険性を予測して、手術の必要性を検討します。 手術の目安としては、胸部大動脈瘤では6cm以上、腹部大動脈瘤では5cm以上で、「ステントグラフト内挿術」「人工血管置換術」などの治療が検討されます。