高血圧と心臓病

高血圧になると、血液を送り出している心臓にも大きな負担がかかります。 心臓病にはいろいろなものがありますが、高血圧とのかかわりで特に気を付けたいのが、 「心肥大」「狭心症」「心筋梗塞」「心不全」の4つです。 心臓の筋肉が厚くなるのが「心肥大」、働きが著しく低下するのが「心不全」、動脈硬化によって起こるのが「狭心症」「心筋梗塞」です。 高血圧になると、血液を強い力で送り出すために、心臓の筋肉が厚くなって、ポンプ機能が低下し、心臓の血管の動脈硬化が促進します。


■高血圧とかかわりの深い心臓病

●心肥大と心不全

血圧が高いと心臓への負担が大きくなり、心筋が肥大する

心臓は、血液を全身に送り出しています。末梢血管の抵抗が増加すると、 心臓はそれに負けない力で血液を送り出さなくてはならず、心臓に大きな負担がかかります。 その負担に耐えられるように、心臓の壁を構成している心筋(心臓の筋肉)は、徐々に厚くなっていきます。 特に、血液を全身に送り出す左心室の壁が厚くなります。 壁の厚さが一定以上になると「心肥大」と診断されます。 心肥大の状態が続くと、心筋が硬くなって、収縮と拡張がしづらくなり、血液を送り出すポンプとしての働きが低下します。 また、肥大した心筋は多くの酸素を必要としますが、それに見合うだけの血流量が確保できないと、心筋は酸素不足になります。 そして、これがさらに進行すると、心臓のポンプ機能が極度に低下した「心不全」の状態に陥ってしまいます。


●狭心症と心筋梗塞

心筋への血流量が不足して心臓の働きが障害される

心臓が働くために必要な酸素は、心臓の表面を走っている「冠動脈」から供給されています。 その冠動脈に動脈硬化が起こることなどによって、心臓の働きに障害が起こるのが「狭心症」「心筋梗塞」です。 冠動脈に「血栓」と呼ばれる地の塊が詰まり、血流が完全に途絶えてしまうのが心筋梗塞です。 血管が詰まった部位の先にある心筋は、時間の経過とともに壊死していきます。 緊急に治療を受けないと命にかかわる、危険な病気です。

◆狭心症

動脈硬化などの要因によって、冠動脈の内腔が狭くなり、心筋が一時的に酸素不足に陥って、 胸の痛みなどの症状が現れる病気です。酸素不足が解消されて、症状が自然に治まることもありますが、心筋梗塞に移行する危険性もあります。

【関連項目】:『狭心症・心筋梗塞』