高血圧と動脈硬化

動脈硬化とは、血管の柔軟性が失われ、硬く、もろくなって、血管壁が厚くなり、内腔が狭くなる状態を言い、 血圧が高いと血管壁が傷つき、動脈硬化が起こりやすくなります。 動脈硬化が進むと「末梢血管抵抗」が増加し、血圧が上がります。 高血圧は自覚症状に乏しく、その危険性を十分に認識している人は多くありません。 高血圧が続くと動脈硬化を促進し、危険な合併症を引き起こしやすくなります。 そこに高血圧の怖さがあるのです。


■動脈硬化とは?

動脈がもろくなる。進行すると合併症を招く。

血管は、もともと柔軟性の高い組織です。しかし、何らかの要因で血管が変化して、血管壁が硬くもろくなったり、 血管壁が厚くなって内部の空間(内腔)が狭くなったりした状態を「動脈硬化」といいます。 動脈硬化は、加齢に伴って進行していきますが、高血圧や糖尿病、高脂血症、喫煙といった動脈硬化を促進させる要因があると、 進行が速まり、若い世代でも「心筋梗塞」「脳卒中」など、動脈硬化症の病気を引き起こしてしまうことがあります。


■動脈硬化のタイプ

動脈硬化と一口に言っても、いろいろなタイプがあります。

▼粥状動脈硬化
血管壁の内側にコレステロールなどが入り込み、アテローム(粥種)と呼ばれる、柔らかい塊を作るタイプです。 アテロームが大きくなると、血管の内腔が狭くなり、血流が低下します。脳や心臓などの比較的太い血管に起こりやすく、 心筋梗塞や脳卒中の原因になります。一般に"動脈硬化"という場合、多くはこの粥状動脈硬化のことを指します。

▼細動脈硬化
血管壁が厚くなり、血管の内腔が狭くなるタイプです。腎臓や目などの非常に細かい血管に起こります。

▼中膜石灰化硬化
主に加齢によって、血管壁の「中膜」と呼ばれる層にカルシウムが付着して、硬くなるタイプです。

高血圧との関係から、特に注意したいのは、粥状動脈硬化と細動脈硬化です。


■動脈硬化が進行すると

心筋梗塞や脳卒中など、命にかかわる病気を引き起こす

動脈硬化は、全身の血管に起こります。進行すると、周囲の組織に酸素や栄養が行き届かなくなって、 さまざまな合併症を引き起こします。


●太い血管に起こるもの

▼心臓の血管
心臓の表面を走る「冠動脈」に動脈硬化が起こると「狭心症」「心筋梗塞」を引き起こします。

▼脳の血管
脳の血管が詰まって脳細胞が壊死する「脳梗塞」や脳の血管が破れて出血する「脳出血」などが起きます。

▼胸部・腹部大動脈
心臓と直接つながっている「大動脈」の壁が傷んで、こぶのように膨らむ「大動脈瘤」や 壁の中膜が縦に裂ける「大動脈解離」が起こります。

▼足の血管
脚の太い血管に動脈硬化が起こる病気を「閉塞性動脈硬化症」といいます。 脚への血流が不足して、脚が疲れやすくなったり、痛みが生じます。 悪化すると足に「潰瘍」ができることもあります。