高血圧症の薬物療法A

【ポイント】
@高血圧で服薬中でも十分な効果を得られていない人は多い。
A薬の十分な効果を得るには、薬の種類や生活習慣などを見直すことが大切。
B薬物療法を続けることが脳卒中や心筋梗塞などのリスクを下げるのに役立つ。


■高血圧の薬物療法

3つのポイントを押さえることで、十分な効果が得られる

高血圧の治療で薬を服用していても、血圧が十分に下がっていない人が、44%もいたという調査結果があります。 これは医療機関で測っても、家庭で測っても、常に血圧が高いという人の割合です。 このような場合には、次の3点について見直す必要があります。

◆薬が高血圧のタイプに合っているか
高血圧は2つのタイプに分けられます。血管が収縮して起こる「血管収縮型」と、 血管内を流れる血液量が過剰になって起こる「血液量過剰型」です。 血管収縮型には、交感神経の働きや、血管を収縮させるホルモンが関与しています。 血管が収縮することで血圧が高くなっているのです。ストレスが強い人、神経質な人によく見られます。 血液量過剰型には、腎臓の働きの低下が関係しています。余分な塩分や水分を十分に排出できず、 血液量が過剰になることで血圧が高くなります。 塩分の摂り過ぎ、高齢、高血圧がある家族がいるなどの要因を持つ人に多いのが特徴です。
高血圧の治療薬にはいくつかの種類がありますが、高血圧のタイプによって効果的な薬は異なるため、 血液検査などでタイプを調べることが大切です。血液検査で「レニン」「ノルアドレナリン」 の値が高いと血管収縮型、「ANP(心房性ナトリウム利尿ペプチド)」の値が高いと血液量過剰型の可能性が高いと考えられます。

◆生活習慣が乱れていないか
生活習慣に問題があるために、十分に血圧が下がらないことがあります。 確認すべきポイントは、「塩分を摂りすぎていないか」「ストレスが溜まっていないか」「肥満はないか」 「適度な運動を行っているか」などです。このような問題がある場合は、その改善に取り組みます。

◆他の病気がないか
他の病気によって血圧が高くなっていることもあります。その場合には、原因となる病気に対する治療が必要です。 特に多いのが「原発性アルドステロン症」という病気です。 腎臓の上部にある「副腎」という臓器に腫瘍ができ、アルドステロンというホルモンが過剰に分泌されます。 アルドステロンは体内に塩分をため込む働きがあるため、血液量過剰型の高血圧を招くことになります。
この病気は、高血圧全体の5〜10%ほどを占めています。高血圧の薬を十分に使っても血圧が下がらない場合、 まず疑われる病気です。血液検査でアルドステロンの値を調べることが診断に有用です。 原発性アルドステロン症がある場合は、腫瘍を取り除く手術や、「アルドステロン拮抗薬」などによる治療が行われます。