ARB(アンジオテンシンU受容体拮抗薬)

日本では約4000万人が高血圧といわれ、血圧の高い人は高齢になるほど多くなります。 高血圧の治療で「降圧薬」を使っている高齢者も多くいますが、 降圧薬の中でも、近年、使用が増えているという 『ARB(アンジオテンシンU受容体拮抗薬)』について説明いたします。


■「ARB(アンジオテンシンU受容体拮抗薬)」とは?

血圧は、最も高いときの「収縮期血圧」と最も低いときの「拡張期血圧」で表され、 収縮期血圧が140mmHg以上か拡張期血圧が90mmHgであれば、高血圧と診断されます。
治療では、高血圧の重症度と併せ持つリスクに応じて降圧目標が決められます。 まずは、食塩の摂りすぎや肥満、運動不足、過度の飲酒、喫煙など、血圧を上げるような生活習慣の修正を図るのが基本ですが、 それだけでは降圧目標まで血圧が下がらない場合や、合併症のリスクが高い場合には、降圧薬の治療が行われます。 現在、高血圧の治療に使われている主な降圧薬は、血圧を下げる作用の仕組みから 5種類(カルシウム拮抗薬・ARB・ACE阻害薬・利尿薬・β遮断薬)に大きく分類されます。 ARBは、日本では1998年から使われ始めた、最も新しいタイプの降圧薬です。 日本では従来カルシウム拮抗薬が最も広く使われてきましたが、近年、ARBが用いられることが急速に増え、 降圧薬の中心的な存在になりつつあります。高齢者にも向く薬とされています。
ARBとはどのような降圧薬なのか、どう使っていけばよいのかを説明いたします。


■ARBとはどんな薬か?

なぜこの薬が広く使われるようになったか?
ARBにはどのような特徴があるのか?

ARBは、血圧を調整する仕組みの1つ「レニンアンジオテンシン系」に作用する薬です。 血圧を上げるホルモンである「アンジオテンシンU」の刺激を受け取る受容体に結合することで、 アンジオテンシンUの作用を遮断し、血圧を下げます。 アンジオテンシンUには、血管を直接収縮させる作用と、交感神経の刺激を介して血管を収縮させる作用があります。 また、腎臓の血管や尿細管に作用して、体内のナトリウムや水分の量を増やし、血液の量を増加させます。 これらの作用は、いずれも血圧を上昇させます。 さらに、「アルドステロン」という、血圧を上げるホルモンの分泌も増やします。 そのほかにも、心臓を肥大させたり、血管壁を厚くしたりします。また、腎臓の糸球体の血圧を高め、 たんぱく尿を出しやすくして、腎機能を低下させます。 ARBは、このアンジオテンシンUの刺激を全身の細胞が受け取る側の”窓口”となる「受容体」という部位の働きを遮断して、 血圧を下げます。

高血圧のほとんどは、原因のはっきりしない「本態性高血圧」です。 最近では、遺伝的な因子と環境的な因子が複合的に働いて血圧を上げると考えられています。 その遺伝的な因子の中で重要なものの1つが、血圧を調節する仕組みのレニン・アンジオテンシン系です。 古くからの降圧薬が、、血管を広げたり体内の水分を減らしてとにかく血圧を下げようとするのに対して、 ARBは高血圧という病気の根本により近いところに働きかける薬といえるでしょう。
実際の降圧効果はどうかというと、アンジオテンシンUは強力に血管を収縮させ、血液量を増やすようにも働くので、 その働きを抑えるARBにも、血管を広げたり体液量を減らす作用があります。 使い始めはカルシウム拮抗薬の方が降圧効果が速く現れますが、3か月ほど飲めば、ARBもほぼ同等の効果を示します。 ARBを使うメリットは、十分な作用がありながら、ほとんど副作用がないことに加え、 臓器を保護するさまざまな作用があるために、単なる降圧薬以上の治療効果が期待できる点です。