レニン・アンジオテンシン系抑制薬

血圧を上げる要因には、さまざまなホルモンの働きがあります。 このうち、レニン・アンジオテンシン系を抑えるのが「レニン・アンジオテンシン系抑制薬」です。 臓器を保護する作用があるため、腎臓や心臓に障害がある人、糖尿病がある人などによく使われます。


■レニン・アンジオテンシン系とは?

ホルモンなどが関係して、血圧を調節する仕組み

血圧の調節には、自律神経やレニン・アンジオテンシンなどのホルモンが関係しています。 このホルモンが引き起こす一連の反応を「レニン・アンジオテンシン系」といいます。 まず、肝臓や内臓の周りの脂肪細胞から分泌される「アンジオテンシノーゲン」という物質が、 「レニン」という酵素によって「アンジオテンシンT」になり、これがさらに、 「アンジオテンシン変換酵素(ACE)」の働きで、「アンジオテンシンU」 という血管収縮作用を持つホルモンになります。 このアンジオテンシンUが、血管を強く収縮させて、血圧を上げるように働きます。 これらの一連の反応を抑えることによって、血圧を下げるのが、レニン・アンジオテンシン系抑制薬です。
この薬には2種類あります。 アンジオテンシンUの作用を直接遮断する「アンジオテンシンU受容体拮抗薬(ARB)」と、 ACEに作用してアンジオテンシンUが作られる量を減らす「ACE阻害薬」です。


■アンジオテンシンU受容体拮抗薬

●薬の作用

アンジオテンシンUの働きを抑えて血圧を下げる

ARBは、日本では1998年から使われ始めた降圧薬ですが、近年、使用される機会が増えています。 この薬は、血圧を上げるアンジオテンシンUの働きを阻害する作用を持っています。 アンジオテンシンUには、血管を直接収縮させる作用と、交感神経の刺激を介して血管を収縮させる作用があります。 また、腎臓の血管や尿細管に作用して、体内のナトリウムや水分の量を増やし、血液の量を増加させます。 これらの作用は、いずれも血圧を上昇させます。 さらに、「アルドステロン」という、血圧を上げるホルモンの分泌も増やします。 そのほかにも、心臓を肥大させたり、血管壁を厚くしたりします。また、腎臓の糸球体の血圧を高め、 たんぱく尿を出しやすくして、腎機能を低下させます。 ARBは、このアンジオテンシンUの刺激を全身の細胞が受け取る側の”窓口”となる「受容体」という部位の 働きを遮断して、血圧を下げます。

◆臓器の保護作用

ARBには、血圧を下げるだけではなく、心肥大や、たんぱく尿の出現を抑える作用があります。 また、心臓や腎臓、脳などでの炎症や活性酸素の産生を抑えて、臓器を保護する効果もあります。