高血圧症の治療と改善

高血圧の改善では、生活習慣に原因がある場合の高血圧で最も効果的と言われているのが「肥満解消」だと言われています。 そのためには、「食生活改善」と「運動不足解消」が大切です。
(*本文は下の方にあります)



■高血圧症の治療と改善

高血圧と判定されればすべての人が治療の対象となりますが、 リスクの高い人ほど速やかに血圧を下げる必要があります。 まずは、血圧を140/90mmHg未満に下げることが目標になりますが、 若い人では、130/85mmHg未満を、糖尿病や腎障害などがあれば130/80mmHg未満を目標にします。 高血圧の改善では、生活習慣に原因がある場合の高血圧で最も効果的と言われているのが「肥満解消」だと言われています。 そのためには、「食生活改善」と「運動不足解消」が大切です。


●血圧のコントロール

生活習慣の改善と薬物療法で血圧を下げる

高血圧の治療法には、生活習慣の改善と薬物療法があります。 一般に、軽症高血圧や合併症を伴っていない場合は、まず、生活習慣の改善を試みるのが原則で、 食生活の改善と運動が中心となります。

  • 食塩摂取制限(減塩)
  • 野菜、果物の積極的摂取
  • コレステロールや飽和脂肪酸の摂取を控える
  • 適正体重の維持(肥満があれば減量)
  • 運動療法
  • アルコール摂取制限(節酒)
  • 禁煙

などがポイントになります。 こうした生活習慣の改善を一定期間試みても降圧目標に達しない場合は、薬物療法(降圧薬治療)を始めます。 薬を使い始めても、生活習慣の修正は続けることが大切です。 血圧を高いまま放置すると、やがて動脈硬化が進み、脳、心臓、腎臓などに合併症が起こり、 脳卒中や心筋梗塞、腎障害などの重大な病気をまねく危険が高くなります。 それを防ぐためには血圧のコントロールが不可欠です。

◆高血圧と肥満

過食や脂質の摂り過ぎによる「肥満」が、高血圧の要因の中で特に重要であると考えられています。 特に「内臓肥満」「メタボリックシンドーム」の要因にもなり、要注意です。 「肥満」は主に「食べすぎ」と「運動不足」が原因であることが多く、 こうした生活習慣に原因がある場合の高血圧では、「食生活改善」と「運動不足解消」による 「肥満解消」が、血圧の改善に最も効果的であると言われています。