医療機関で行われる高血圧の検査

医療機関で行われる高血圧の検査には、基本検査では「血圧測定」「尿検査」「血液検査」「眼底検査」など、 精密検査では「心電図検査」「胸部エックス線撮影」「超音波検査」などがあります。
(*本文は下の方にあります)


医療機関で行われる高血圧の検査

■医療機関で行われる高血圧の検査

●基本検査

医療機関での血圧を測定して、病気の有無を調べる

医療機関では、問診と診察の後、血圧や、二次性高血圧の可能性、高血圧に伴う他の危険因子の有無などを調べます。

◆血圧測定

医療機関で測った血圧が「収縮期血圧140mmHg以上、または拡張期血圧90mmHg以上」の場合に、高血圧と判定されます。 通常は、数回の受診の後に診断されます。 また、医療機関での血圧と家庭での血圧に大きな差がある場合には、「24時間血圧計」を用いて、 1日を通した血圧を測定することもあります。また、家庭での血圧測定が勧められます。

◆尿検査

「尿たんぱく」「微量アルブミン尿」「尿沈渣」などを調べて、主に腎機能をチェックします。 微量アルブミン尿では、尿中の微量なたんぱくを、尿沈渣では、尿中の赤血球や白血球の数を調べます。 たんぱくと赤血球の両方が出ていれば腎炎が疑われ、たんぱくだけが出ている場合は、高血圧による腎機能障害が疑われます。

◆血液検査

血液中のナトリウムやカリウムの濃度、クレアチニン、尿素窒素、赤血球などを調べます。 クレアチニンや尿素窒素からは腎機能がチェックでき、クレアチニンと赤血球を調べることで、 腎機能障害による貧血の有無などがわかります。高血圧は 「メタボリックシンドローム」の構成要素の1つですから、 血液中の糖や脂質など、ほかの構成要素もチェックします。血糖が高い場合は、ブドウ糖負荷試験や、 HbAlcのチェックも行われます。 また、高血圧は高尿酸素血症と合併することが多く、尿酸値が高いと腎臓が障害されているので、尿酸値も調べます。

◆眼底検査

眼底(目の奥)は、体の中で唯一、血管の状態を直接観察できる部位です。 眼底の網膜の血管をじかに見ることで、全身の動脈硬化の進み具合などを推測できます。