高血圧の診断

高血圧と判定されればすべての人が治療の対象となりますが、リスクの高い人ほど速やかに血圧を下げる必要があります。 まずは、血圧を140/90mmHg未満に下げることが目標になりますが、若い人では、130/85mmHg未満を、糖尿病や腎障害などがあれば130/80mmHg未満を目標にします。 また、血圧は常に変動しています。医療機関で測る値だけではなく、日常生活の中での血圧も調べる必要があります。 普段から血圧が高いようなら、早い段階から治療を開始することが大切です。
(*本文は下の方にあります)


高血圧の診断

何回かに分けて血圧を測定し、値が安定した2回以上の平均値で、 収縮期血圧が140mmHg以上か拡張期血圧が90mmHg以上であれば、「高血圧」とします (二次性高血圧症を除外)。血圧が高いことがわかったら、 重症度を判定するために眼底検査、心臓の超音波検査、胸部X線検査、腎臓の検査などを行い、 高血圧以外に心血管病(心筋梗塞や脳卒中など)の危険因子や臓器障害がどれだけあるかによって、心血管病の発症リスクを判定し、それに応じて治療を進めます。 高血圧と判定されればすべての人が治療の対象となりますが、リスクの高い人ほど速やかに血圧を下げる必要があります。 まずは、血圧を140/90mmHg未満に下げることが目標になりますが、 若い人では、130/85mmHg未満を、糖尿病や腎障害などがあれば130/80mmHg未満を目標にします。

【関連項目】:『血圧の測り方』


このほか、CTやMRIの画像検査などで腎臓や血管の状態を調べる場合もあります。