突然死を招く『胸部大動脈瘤』

大動脈瘤には、瘤ができた場所によって『胸部大動脈瘤』と「腹部大動脈瘤」があります。 胸部大動脈瘤は、心臓から全身に送り出された血液が最初に通る血管「胸部大動脈」が瘤のように膨らんでしまう病気のことをいいます。 自覚症状がないことが多く、気付かない間に瘤が大きくなって突然破裂すると、「突然死」に至ることも多い重大な病気です。 大動脈瘤は種類によっては、病気、感染、打撲などの外傷によって起こることもありますが、 多くの大動脈瘤は「動脈硬化」によって起こると考えられています。 よって、「大動脈瘤」も「生活習慣病」の一つであるといえます。


■大動脈瘤の分類(真性、仮性、解離性)

「大動脈」は、心臓から出て脚の付け根に至る太い動脈で、 横隔膜の上が「胸部大動脈」、下が「腹部大動脈」で、 胸部大動脈は、さらに「上行大動脈」「弓部大動脈」「下行大動脈」に分けられます。 これらの大動脈の一部が「瘤」のように膨らむ病気が「大動脈瘤」です。 成人の正常な大動脈は直径2〜3cmで、これが1.5倍ほどに膨らむと「大動脈瘤」とされます。 大動脈瘤は、「真性」「仮性」「解離性」の3種類に分けられます。

血管の壁は、内側から内膜、中膜、外膜の3層構造になっています。 3層構造が保たれたまま、動脈が瘤状に膨らむのが「真性大動脈瘤」です。 大動脈瘤は、一度膨らむと、元に戻ることはほとんどありません。 瘤の形には「紡錘状」と「嚢状」の2種類があります。全周が引き伸ばされる嚢状のほうが、 破壊しやすいといわれています。「仮性大動脈瘤」は、3層構造の血管壁の一部が欠けたところから血液がもれ出て、 漏れた血液が固まったものを指します。 「大動脈瘤解離」は、内膜に亀裂ができ、そこから血液が中膜に入り込みます。 中膜は縦に広い範囲に裂けて(解離)、入り込んだ血液で血管が膨らんだ状態です。


■大動脈瘤の多くは「動脈硬化」が原因

「真性大動脈瘤」や「大動脈解離」は、先天的に大動脈の組織が変性しやすい「マルファン症候群」 などの病気によっても起こることがあります。また、「仮性動脈瘤」は、主に感染や打撲などの 外傷によって起こります。しかし、多くの人の大動脈瘤は「動脈硬化」が原因で起こると考えられています。 動脈硬化には、「狭窄性の病変」を起こす場合と、「拡大性の病変」を起こす場合があります。 動脈硬化が進行すると、血管の内腔が狭まって血流が悪くなります。 すると、心臓の「冠動脈」や脳にいく血管に動脈硬化が起こり、 狭まったところを血栓が防いで血流が途絶え、心筋梗塞や脳梗塞が引き起こされる 「狭窄性の病変」が起こることはよく知られています。 一方、大動脈のような太い血管に動脈硬化が起きた場合には、瘤状に膨らむという「拡大性の病変」が起こります。 動脈硬化に高血圧が加わると、さらに大動脈瘤が起こりやすくなります。 弱く柔らかくなった血管壁に内側から強い圧力が加わることで、血管壁が引き伸ばされたり、裂けたりして、 瘤のように膨らむからです。