早朝高血圧

一般に、日中は血圧が高く、睡眠中は血圧が下がります。 その後、夜間の休息状態から起床にかけて徐々に上昇して起床と同時にぐっと上がります。 これは1日の活動に備える生理的な変動ですが、朝方の血圧が生理的変動以上に上がり、 血圧が過度に高くなるのが『早朝高血圧』です。 早朝高血圧は、危険な高血圧です。 脳卒中や心筋梗塞は朝方に起こることが多く、早朝高血圧がそれらの発症の引き金になっている可能性が高いのです。 その発見には、家庭での朝の血圧測定が必要で発見が遅れれば脳や心臓などの血管が傷つく心配があります。


■早朝高血圧の2つのパターン

高血圧を治療中で、降圧薬で外来血圧がコントロールできている患者の約60%に早朝高血圧がみられると報告されています。 早朝高血圧には2つのパターンがあります。

●モーニングサージ型

睡眠中の血圧は正常ですが、目覚める頃から急上昇し、その後再び正常血圧に戻ります。 動脈硬化によって、血圧をうまく調節できなくなることが原因です。 起床に伴って、精神的・身体的なストレスがかかることも、血圧の調節に影響して、血圧を上げる原因になります。 動脈硬化が進んでいる高齢者にはこのタイプが多く、血圧上昇をきたしやすく、合併症のリスクも大きいといえます。 脳卒中や心筋梗塞は朝の時間帯に起こることが多く、このような変動が一因であると考えられています。

●夜間高血圧型

睡眠中に十分に血圧が下がらなかったり、夜間に血圧が上がったりして、朝も血圧が高いままのタイプです。 睡眠中も血管や心臓に負担がかかり続けるため、夜間高血圧型の人はそうでない人に比べて、 夜間の突然死の危険性が2.5倍以上になると言われています。 その原因の1つとして考えられるのは降圧薬の効果切れです。 最近の降圧薬は1日1回服用する薬剤が多いのですが、中には作用時間が夜間から早朝にかけて 不十分になるものもあるのです。
また、このタイプの早朝高血圧は次のような人に多いといわれています。

▼心不全や腎不全のある人
体内のナトリウムや水分がうまく排泄されず、血液循環量が増加するため、睡眠中も血圧が下がりません。

▼自律神経障害のある人
「自律神経」は、血圧を調節する仕組みの1つで、自律神経が「糖尿病」などによって障害されると、 血圧が上がることがあります。特に、立ち上がったときに収縮期血圧が20mmHg以上低下して、 「ふらつき」などが起こる「起立性低血圧」のある人は、横になると血圧が上昇しやすくなります。

▼睡眠時無呼吸症候群の人
睡眠中に呼吸が何度も止まる病気を「睡眠時無呼吸症候群」といいます。 呼吸が止まることで酸素不足になり、心臓や血管に負担がかかるため、血圧が上がります。 高血圧の人の約10%に、睡眠時無呼吸症候群があると考えられています。

夜間高血圧の場合、「心不全、腎不全などの臓器障害」や夜間や早朝の突然死が起こりやすくなります。 特に夜間に突然死が起こるリスクは、通常の高血圧に比べ約2.5倍高いといわれています。