足の動脈硬化『閉塞性動脈硬化症(ASO)』

閉塞性動脈硬化症(ASO)』は、動脈硬化で手脚の血管の内腔が狭くなり、 手脚の痛みなどが現れる病気で、中高年を中心に多く見られます。 一定の距離を歩くと、脚の痛みで歩けなくなる「間歇性歩行」が特徴で、脚の痛みで長い距離を歩き続けられないという症状が現れます。 放置して悪化するとと脚の切断が必要になることもあります。


■閉塞性動脈硬化症(ASO)とは?

動脈硬化で手脚の血管の内腔が狭くなり、手脚の痛みなどが現れる病気

「動脈硬化」とは、血管の壁にコレステロールなどが沈着し、 内腔が狭くなったり詰まったりして、血流が悪くなった状態のことです。 動脈硬化が原因で起こる病気として、「脳梗塞」「心筋梗塞」「狭心症」がよく知られていますが、 動脈硬化は脳や心臓に限らず、全身の血管に起こります。

『閉塞性動脈硬化症(ASO)』は、動脈硬化によって「手脚の血管」の血流が悪くなり、 「手脚の痛み」などを引き起こす病気で、”手脚の狭心症”ともいえる病気です。 アメリカでは65歳以上の人の約15%に閉塞性動脈硬化症があるともいわれ、 日本でも最近、中高年を中心に多く見られるようになっています。 閉塞性動脈硬化症は、太腿や脛などの血管のほか、下腹部で大動脈から左右の脚に分かれる「腸骨動脈」という血管にも起こります。 人によっては、これらの複数の部位で同時に発症することもあります。 閉塞性動脈硬化症では、手脚の感覚が鈍くなって、怪我をしても気づかないケースもあり、 もともと血行が悪くなっているところに細菌が入って感染症を起こすと治りが悪く、 最悪の場合は病変部が腐ってしまい(壊疽)、切断しなければならないこともあります。


■閉塞性動脈硬化症(ASO)の症状

一定の距離を歩くと、脚の痛みで歩けなくなる「間歇性歩行」が特徴

脚に動脈硬化が起きても、初めのうちはほとんど症状がありません。 動脈硬化が進むと、一定の距離を歩いたときに脚の筋肉、主にふくらはぎが締め付けられるように痛んで歩けなくなります。 しかし、数分間立ち止まって休むと痛みが治まって、また、歩けるようになります。 このように断続的にしか歩けない症状を「間歇性歩行」といい、閉塞性動脈硬化症の特徴的な症状の1つです。


●悪化すると脚の切断が必要になることも

動脈硬化がさらに進むと、歩かずにじっとしていても、足が痛むようになります。 痛みがつらくて、夜眠れないこともあるほどです。放置していると、足に直り難い「潰瘍」ができることがあり、 さらに悪化すると、「壊死」を起こして、足を切断しなければならなくなることもあります。 閉塞性動脈硬化症の全ての患者が、脚を切断することになるわけではありませんが、 安静時の痛みや潰瘍があるような重症の人が治療せずにいると、半年間で約40%の人が脚を切断する必要が出てきます。 しかし、間歇性歩行だけがある初期の段階で治療を行えば、切断が必要になる可能性は約5年で5%程度と低くなります。 脚の切断を回避するためにも、間歇性歩行の段階で病気を発見し、適切な治療を行うことが大切なのです。
閉塞性動脈硬化症は、医療機関で脚の脈拍を調べたり、上腕と足首の血圧を測ってその比を調べたりすることで、 多くは診断がつきます。

●脳梗塞・心筋梗塞との合併


閉塞性動脈硬化症は手脚の抹消動脈障害ですが、動脈硬化は全身性の疾患であり、閉塞性動脈硬化症患者は 手脚以外の部分や臓器でも動脈硬化が進んでいる可能性が高く、脳血管障害や心筋梗塞など、 命にかかわる深刻な合併症を発症することも少なくありません。 同年代の閉塞性動脈硬化症の人と閉塞性動脈硬化症ではない人を比較すると、 閉塞性動脈硬化症の患者の余命は短くなっています。 また、年齢が高くなるほど、その傾向が顕著になります。

閉塞性動脈硬化症が考えられる症状がある場合は、早く血管外科を受診することが大切です。 近くに血管外科がない場合は、心臓血管外科や循環器内科で相談してください。