心臓の動脈硬化『心室細動』

突然死を招く怖い不整脈「心室細動」は、健康な人にも起こり、特に運動中や睡眠時に多発。 心室細動を防ぐには心臓の動脈硬化を追い払うのが最善策で、DPAを積極的に摂ることが有効です。 「DPA」は、魚油に含まれるn-3系脂肪酸の一種で、 動脈硬化を防ぐ働きが強いとされるEPAよりも10倍も強いことから、 心臓の動脈硬化を撃退し、命さえ奪う不整脈も防ぐ成分として注目されています。


■動脈硬化

心臓の動脈硬化は突然死を招く

私たち日本人は、数十年前まで、魚や野菜、豆類や海藻を中心とした低カロリーの食事をしていたため、 「動脈硬化」はあまり見られませんでした。 ところが、今では、肉・卵・乳製品などを多く摂る欧米型の高カロリー・高脂肪の食事に変わった結果、 動脈硬化が急増しています。特に、気をつけたいのは、突然死を招くこともある心臓の動脈硬化です。 これまで、動脈硬化を起こした血管は元には戻らないと考えられていました。 しかし、最近の研究で、食生活を変えれば動脈硬化が改善される可能性のあることがわかってきました。 食品成分の中でも、動脈硬化の予防・改善効果が期待できるのは、新たに見つかった 『DPA』という脂肪酸です。


■突然死を招く「心室細動」

心室細動は、突然死の主原因

さっきまで元気だった人が急に亡くなってしまう、これを「突然死」と呼んでいます。 日本における突然死の原因は今、急性心筋梗塞や急性心不全などの病気が半数以上を占めています。 しかも、そのうち、7〜8割は心臓の病気が起こった後で、「心室細動」という病気を起こしているのです。 心室細動とは、心臓の下部にある心室という部位が、うまく動かなくなってしまうこと。 心室細動が起こると、心臓の働きがほぼ停止し、脳や肺といった全身の重要な器官や組織に、 血液を送り出すことができなくなります。そのため、数秒で意識を失い、数分で死亡することも少なくありません。 このように心室細動は、突然死の主原因といっても過言ではないでしょう。 それに、心室細動は、心臓病のない健康な人にも起こりうるだけに、いっそう怖い病気といえます。

●心室細動の起こり方

では、心室細動はどのようにして起こるのでしょうか。
私たちの心臓は、収縮と拡張を規則的に繰り返しています(これを拍動といいます)。 安静時には1分間に60回ほどの拍動を行い、それによって全身に新鮮な血液を送り込んでいます。 拍動をつかさどるのは、心臓の上部にある「洞結節」と呼ばれる部位。 胴結節には、電気信号を出す特殊な心筋が集まっています。ここから出される電気信号が周りの心筋を刺激することによって、 拍動が行われているのです。 ところが、胴結節から心臓を動かす命令が正常に発せられなかったり、命令を伝える筋肉が正常に働かなかったりすると、 拍動に乱れが生じます。これがいわゆる「不整脈」。 不整脈にも、期外収縮(心臓を動かす命令が一定のリズムでない状態)や、繁拍(心臓を動かす命令が連続して起こる状態) といったさまざまな種類があります。その中でも、心臓のあらゆる場所から心臓を動かす命令が出てしまうものを 「細動」といいます。 心臓は本来、最初に心房(心臓の上の部分)が収縮し、次に心室が収縮するというように、順序良く収縮していきます。 この仕組みによって、心臓はうまく血液を全身に送り出しています。 ところが細動が起こると心筋がバラバラに収縮するため、心臓は痙攣状態に陥ります。 細動が心室で起これば「心室細動」、心房で起これば「心房細動」です。 特に、心室細動は心停止と同じような状態になってしまうため、心房細動に比べ、より危険といえるでしょう。